“夢のリベンジ”の第一歩を踏み出し、休日を満喫した1日:日記2018/8/13

ものくろ休業日。

ものくろ休業日に合わせてキッチンもお休みにしているので、1日休日を堪能した日となった。

広告

午前中は家事Day

午前中は家事に勤しんだ。
午前中に家事を集中しているのは、午後から出かけたいためである。
いつもは、午前中をついついダラダラと過ごしてしまいがちだが、午後から好きな事をするために出かけるとなると、必死に終わらせるものだなぁ、デッドライン仕事術

午後からは体験レッスン

先日、ものくろキャンプとキッチンスタジオの法人化のために、税理士さんとランチミーティングをした。
その時に「人生のリベンジ」「未消化の夢」についての話題が出た。
税理士であるあきらこさんの未消化である夢を聞いているうちに、「自分のまだ叶えていなくて仕事とは全く関係の無い夢」を思い出した。

私の未消化の夢というかリベンジしたい事は・・・。
バレエを踊っている時に「自分がもし辞める時は、これを踊ってから辞めよう」という曲があり、それを踊っていないまま辞めてしまったことである。

何かというと、『黒鳥のグラン・パ・ド・ドゥ』である。
白鳥の湖の中で、白鳥のオデットそっくりの、悪魔のロッドバルトの娘の黒鳥が、ジークフリート王子を篭絡する場面。
主役のオデットは地味に難しいパが多いけど、黒鳥はとてもテクニカルで派手である。
まんまと王子を落としてしまうことろこもカッコイイ。
(つか、王子。。白と黒の見分けぐらいつけよ!といつもツッコミw)

それを踊っていなかった。
相手役はぜひ、シュツットガルトバレエ団のフリーデマン・フォーゲルが希望(笑

そうだ。地道に夢を取り戻そう!そう思い、キッチンからほど近いバレエスタジオを見つけ、体験レッスンを申し込んだ。
まずは、一歩から。

感想は・・・『身体重すぎ』

飛べない(汗 回れない(汗
身体のあちらこちらに要らないぜい肉が着いているので、バランス感覚がめちゃくちゃ狂う・・・
スタジオのクラスが、レベル的に高く無いので、しばらくはココで地道にいろいろ取り戻すことにした。
また、急にあれもこれもだと、足を怪我をするのは目に見えている。
しばらくは、ゆるゆるとレッスンを続け、踊る感覚を思い出しながらウェイトを絞っていき、そして次の段階に進みたいと思う。

久しぶりのウィンドショッピング

レッスンが終わった後、突然の雷雨。
近所のマクドナルドに飛び込んで難を逃れる。
バレエの体験レッスン以外はノープランなので、何をするか?ここで考える。

まだ夏のバーゲンはやっているのかな?と思いながらデパートへ。
先日、パンプスの下に履くフットカバーに”脱げない”ものが無い・・・とSNSにポストしたところ、靴が合っていないのでは?というコメントを貰った。
そこで、パンプスを片っ端から試し履きしに行くことに。
しかし、もうバーゲンも終盤。気に入ったデザインのものはサイズが無く、サイズがあるものは気に入ったデザインでは無く、残念ながらご縁が無かった。
洋服もいろいろ試着はするものの、結局は特にこれ!という物も無く、何も買わずに帰宅。
しかし、ウィンドショッピングというのが久しぶりで気分が上がったのは言うまでもない。

振り返って

無計画な一日だったが、自分的には充実した日となった。
そして、夢のリベンジに向かって一歩踏み出した記念すべき日ともなったのである。

  • ブックマーク

スポンサーリンク