真夜中の独り言

真夜中に目が覚める。
窓に雪が打ち付ける音があまりにも強いので、お勝手口のドアを開けて空を見上げてみた。

雪が激しく降っているけど、雪明りで写真が撮れるぐらい明るい。

雪は、
子供たちを喜ばせるくせに、大人たちの足をすくい留める。
生き物の様で、自然と消えて行く。
滅多に来ないけど、来ると思いっきり傷跡を残していく。
美しいが、美しいものを覆い隠す。

雪は、
明るいくせに手厳しい。

広告




コメントComments Off
CATEGORY :