作り置きを作りざんまいな日:2018/6/20

最近朝食が楽しくて仕方ない。

広告

朝ごはんが食べられない理由

子供の頃から、朝ごはんを食べない人だった。
大人になってもそれは続き、別に無理して食べる必要も無いと思っていて、今もその気持ちは変わらないのである。

しかし、5月に謎の高熱を出して寝込んだり、骨折をしたりして、自分の身体を改めて省みる時間が出来た。

やはり、身体が一番。健康であることの幸せに勝るものは無い。

日常生活に支障が無く身体が動き、身体の不調を感じず機嫌良く過ごすと回りも機嫌が良い。
何しろ、体調が良いとご機嫌なのだから。

会社勤めをしている頃は、残業をしながら空腹を紛らわせるためデスクでお菓子をたべて食い繋ぎ、夜遅くになってようやく晩ごはん、そんな生活だった。
残業が続けば続くほどストレスは溜まり、体重も増えていった。
私の脂肪細胞はストレスで出来ていると言っても過言では無い。

しかし、さほどストレスが無くなってきた今でも、その食習慣が尾を引いているのはおかしなものだ。
そこで、最近は晩ごはんは出来る限り18:00ごろ食べ、19:00には終えるように心がけている。

夜遅くに小腹が空いたら2-3時間で消化が終わる果物をつまむぐらいにしている。

するとどうだろう。
朝、起きてから気持ち良くお腹が空くようになった。
お腹が空くと「せっかく腹ペコで、胃腸が一番栄養を吸収しやすいのだから、身体に良いものを食べたい」と思うようになった。

作り置きで、朝ごはんを充実

フリーランスとなった今、朝からキッチンに立ってガッツリ料理していかと言うと、そうでも無い。
フリーランスだからこそ、なんでもかんでも自分でやらないといけないので”時短”はしたいのだ。
しかし、手抜きはしたくない。

朝、手早く食事を整えるために、作り置きをした。

昨日作ったのは
・切干大根煮
・ツナ大豆オムレツ
・シナチク
・高野豆腐と筍の煮物
・佃煮

これと、知人のぬか床を少し分けて貰ったので、種ぬかを作る。
(知人とはTVでも活躍している料理研究家。近日もの何冊目になるか?分からない彼女のレシピ本が発売になる)
自分のマイぬか床とは別にして、種ぬかを増やしてから、自分のぬか床とブレンドしようと思う。

今週は「もろもろ準備ウイーク」
来週は予定が立て混んで忙しい週なので、作り置きを更に増やして来週も、美味しい朝ごはんライフを続けたい。

  • ブックマーク

スポンサーリンク