ブログ更新が止まる陥りやすい理由を振り返ってみた。からの更新再開!

みなさま、大変ご無沙汰しております。
(と、呼びかけてもこのブログの読者はいるのか、いないのか分かりませんが)
2ヶ月半の長い沈黙を破って、ブログを更新です。

広告

書かない習慣にシフトしていった日々

10月末の更新ですっかり頓挫していました。
この間、忙しかったのか?と聞かれると確かに忙しかったのです。
しかし全く書く時間が無かったのか?と自分に問いただすと、そういうわけでも無かったのだと反省しています。
12月の繁忙期はいざ知らず、10月の末から小旅行にも行きました。
のんべんだらりと、ソファで寝そべって雑誌を読みふけった時もありました。
大晦日は紅白も観ましたし、お正月は飲んで笑って食べて喋っていました。

そうなんです。
全く書けない日もあったとは思いますが、書こうと思えば書けたのです。
すっかり「書かない習慣」にシフトしてしまっていたのです。

最初のうちは
「あぁ、今日は書けなかった」
それが
「あぁ、今日も書かなかった」
そのうち
「書けなかったけど、まぁいいや」
次第に
「書くの面倒だなぁ」
そしてつい今しがたまで
「ブログを書く?何それ」
ぐらいに堕落してしまっていました。

完璧を求めすぎて、下書き保存を繰り返す日々

とはいえ全くブログに向き合わなかったかと言うとそうでは無く、書いては下書き保存、書いては下書き保存の繰り返しもしていました。

「どんなに不出来でも、すぐにアップすればいいじゃん」と言われそうだし、自分もかつて言っていました。
しかし、本当にこの文章で良いの?とか
言いたい主旨は一貫しているのか?とか
タイトルと内容がちゃんとマッチしているのか?
などと考え始めると、スマホで隙間時間で書いていたものを”後でPCでちゃんと書き直そう”とか、
写真もちょっと見栄えの良いように加工しようとか、変な欲が出てしまって、アップできないスパイラルに落ちてしまっていました。

再び書き始めた3つの理由

止むを得ず書き始めたら楽しくなった

しかし、なぜ再びペンを取る、いやキーボードに向かったかというと、
このブログとは別に私の運営するキッチンスタジオのブログをここ数日前から再び更新を再開してみたところ、
ブログを書くのが楽しくなってきたからなのです。
キッチンスタジオのブログは、お仕事として否が応でも書かないと誰にも検索されなくなってしまうという危機感から再開しました。
現に、検索順位が下がってしまったので、大慌てで更新再開です。
あちらは1ヶ月サボっていただけなのに、順位が下がってしまいました。

せっかくいろんな人が、キッチンスタジオについて記事をブログにアップしてくれているので、自分の体たらくで検索順位が下がるのは、本当に不徳の致すところ。
お仕事に直結するので危機感がだふだふに溢れています。

切羽詰まって更新してみたところ、「何これ楽しいじゃん」になったのです。
キッチンのブログはもう明日書く記事に始まって向こう数日分書くネタも決まっているほどです。

た・楽しい・・・

人は貪欲なので、楽しさを求めるパワーはかなりの原動力になります。
この楽しさをもっともっと!と、さらなる欲望を満たすために(笑)

完璧を目指すのをやめよう

下書きスパイラルに陥っていたのです。
しかし、そもそも今すでにアップ済みのブログ記事は”完璧なのか?”と問われると、答えはNOです。

今までも完璧で無かったのだから、何を今更完璧で無いとダメなのでしょうか。

確かに完璧に越したことはありませんが、だからこそアップ出来なくなっていたのです。
不完全でも良いじゃ無いですか。
そもそも自分自身も不完全な人間なので、人間性が出てて良いじゃ無いか!と開き直りました(笑)

ブロガー仲間の存在

ブログを書いていないのに、毎月ブログをみんなで書く「ブログもぐもぐ会」の開催は続けていいました。
また、どうやったら読まれるブログに育てられるのかをディスカッションする「裏ものくろ」も開催しているのです。
なのに書いていない。

集まりの度にブロガー仲間からは「書こうぜ!」と声をかけてくれるのです。
励ましてくれる仲間の存在ってありがたいですね。

それに、中にはどんどんPV数を伸ばして着実にブログを育てている仲間も次々現れてきて、私もああなりたいと言う気持ちもムクムクと湧いてきて大いに刺激されています。

コミュニティ・ラーニングという言葉がありますが、コミュニティの仲間の存在は励みになります。

まとめ

とにかく、再びブログを再開することにしました。
だって、楽しくてこうやって文章を綴っていたら、すでに2,000字を超えました。

大切な私の城である、このブログの記事を積み上げながら、メンテナンスしながら、自分にとって居心地の良い場所に育てていこうと思います。

やったーーー!書けた!!!

広告




CATEGORY :