「ライフ・ワークバランス」と言う言葉は不要と感じて、作り置き祭りとなった日:日記 2018/1/4

1月4日は今年初めてのオフ日。

広告

作り置き三昧

1日家の中に引きこもって、あれやこれや。
1番楽しかったのは作り置きおかずの仕込みでした。
料理が好きと言うよりも「無駄になって行く食材をだしてしまう」事が嫌なのです。
とにかく使い切りたい!
煮物を作った時など、残った煮汁は炊き込みご飯の素にしてしまうほど、食材を使い切った時の爽快感は表現しきれないほどの気持ち良さを感じます。
この年末年始、おせち料理やら外食やらで、冷蔵庫の中にチマチマと食材が残っていたり、頂き物をして冷蔵庫に眠っていたものを一気に作り込んでいました。

・豚ロースの味噌漬け→下拵えを仕込んでフリージング
・豚バラ肉の梅ぐるぐる巻き→下拵えを仕込んでフリージング
・浅漬け
・切干大根煮→半分常備菜にして、半分フリージング
・ブロッコリーの下茹で
・タコとセロリのヨーグルトサラダ→貰い物のタコを使って仕込んで、常備菜に
・肉じゃが→大晦日のすき焼きの残り肉で
・ほうれん草の胡麻和え→このまま冷蔵庫に入れて置くとそろそろやばいので食べ切る
とりあえずこれだけ仕込みを完了。

肉みそも作りたかったけど、ニンニクを切らしていて持ち越しに。
食事を作れる日は作りますが、時間が無い時の非常食は出来たぞ!

しかも、その合間を縫って、今年最初の「コチュジャンクラス」用のコチュジャン仕込みもしました。

ブログ再開

2018年、まだブログを1記事もアップしていなかったので、スタート出来たのは嬉しいです。
キッチンブログとさゆりっぷブログ、両方どうにか更新できてホッと一安心。
今年もコツコツ、マイペースで更新します。

2018年インバウンドチームのキックオフミーティング

夜は4月にオーストラリアからのお客様をお迎えしてのJapanese cooking class 開催のためのキックオフミーティングをzoomで開催。
去年とはガラリと変わったメンバーとなりました。
2人が「通訳案内士」の資格取得者で、お料理上手、野菜ソムリエなのも心強いです。
4月に向けて良いスタートが切れたと思います!
よし!やるぞ!!!

OFFと言いながらも何だかんだとやった充実の一日

もう、OFFとONとの境界線が曖昧です。
仕事の準備をしたり、ミーティングしたり。
でも、どちらも全然嫌では無いのが面白いです。
よく「ライフ・ワークバランス」と言われていますが、それは”ライフ”と”ワーク”が完全に分離しているからバランスを取らなくてはならなくなるのです。
私の場合、ワークがライフであり、ライフがワークなので、どちらも大切でどちらも楽しいのです。
分ける必要も無ければ、バランスを取る必要も無いのですよ。
たとえ、その進む先に乗り越えなければいけない何かが待ち受けていたとしても、それはライフでありまたワークでもあるため、喜んでズンズンと踏み込んで行けるのだろうと。

さぁ、2018年もどんどん進みます。

  • ブックマーク

スポンサーリンク