「30代で人生を逆転させる1日30分勉強法」 石川和男著:ブックレビュー 10分でも30分でも勉強したくなる本

広告

今週読んだ本 2016/5/15 ~ 2016/5/21

今週は本をあまり読めなかった

今週は本を1冊しか読めませんでした。
忙殺されて、本も読めなければ勉強もする暇がありませんでした。
このままではいけない、今の状況から脱出したいというのに、学ぶ時間も本を読む時間も無いなんてなんたる不覚。
人生、生きて行くためには常に勉強です。学べば学ぶほど自分の足りなささを知りますし、知れば知るほど知りたくなるものです。
そこで、なんとか勉強する暇が無い、本を読む暇が無いという自分の状況を改善したいと思って手に取りました。

笑える本。でも実用的な本。

真剣に「勉強したい」と思って手に取ったのですが、何度も吹きました。
著者の石川さん自身がきっとお話ししてみたら楽しい方なのでしょう。文章からお人柄が伺えます。面白過ぎます。
とにかく一日24時間の内から30分捻り出して、効率よく勉強しようよ的なことが書かれてあるのですが、ギャグふんだん。例え話しが笑えます。
しかし、楽しさから、ウッカリ「勉強って楽しいものなのかもしれない」という勘違いな思いを抱いてしまいそうなところが、元気がでますねー。
”勉強とはなんぞや”と眉間に皺を寄せて”効率的でレバレッジの効いたハイクオリティな”とか言われてビビるよりも、肩の力を抜いてゲーム感覚で「よし!今日も30分勉強できたよ!」とウキウキする方がずっと楽しく学べそうです。

しかし、この本の中では決しておちゃらけている訳では無く「石にかじりついてでも勉強をする覚悟が無いと人生を逆転させることは出来ない」と語られています。
そう、30分で良いんです。でも毎日コツコツと知識を積み上げていけば、1週間で210分。一カ月で840分人生の逆転劇に向けてリソースを割り当てることが出来るのです。
でも、30分だけなら出来そうな気がしてきます。
本の中では、その30分の捻り出し方法も紹介されています。(かなり笑えますが、確かに!と納得する方法です)

その必死になって捻出した時間を「資格試験合格」「語学習得」「ダイエット」などの各々の目的に応じた有効な勉強方法も、著者自信の体験を元に紹介されています。
体験・経験・・・これは強いですね。やった者のみぞ知る、成功した者のみぞ知るプロセスです。
私は何も考えずにとにかく体当たりでトライしてみるタイプですが、そのやり方のいかに非効率だという事を嫌程知っています。(悲しいかな、知っているのに止められ無い性分もいかがなものかなと。)
よく、「成功者をTTP(徹底的にパクれ)」という言葉を耳にします。そうです、この著者をまずはTTPしてみるのも一つの方法です。

私は今、資格試験や語学習得にトライしたいという訳ではありませんが、とにかく”勉強”したいのです。
目的をもって、目標に向かって、”成功”という名のゴールにたどり着きたいのです。
その点ではとても参考になりました。

読後の1アクション

さて、読後のアクションです。
まずは毎日30分、自分の仕事のための勉強を作りだし、ログをとって行こうと思います。
3週間後にどれだけ続いているかここで報告します。
3週間後に30分続いていたら、次に語学の勉強をスタートさせたいです。
本当はあれこれと手を染めず、一つに絞ることが理想ですが、今の自分の状況が切羽詰まっているいるというか、とにかくスピードが欲しいので2つとします。
さぁ、3週間後はどうなっていることやら。お楽しみに。





広告