旅の空の下から -セドナ編⑯-CLEAR CREEK TRADING COMPANY 街中散歩

お散歩な一日

さて、街中を散策。

わりとめいいっぱい遊ぶ予定を立てていたので、散歩がてらこの日のうちにお土産なども物色。
翌日以降は山の中ばっかり行く予定なので、お土産を買うのはこの日を逃すとあとはシアトルで4時間ほど時間があるがその時ぐらい。
お散歩もショッピングも楽しみ!

この建物には、レストランやお土産屋、自然化粧品ショップ、珍しい石を売るお店、ギャラリーなどがあり、これまたバラエティに富んだお店が入っている。
中央にはちょっとした広場の様になっていて、先住民の像もある。

ここでのおすすめは、自然化粧品とミネトンカ。
ミネトンカはインディアンモカシンシューズや柔らかい牛皮で作られったブーツなどが有名で、日本でも人気のシューズブランド。
アテクシも1足買いました^^ 日本であれば1足10,500円のモカシンシューズが4,000円で買えた。また種類とサイズが豊富で、日本だとデザインが気に入ったけどサイズが無いとか、その逆な事が多くあるが、もう選び放題w

二階はレストランが多く入っている。当たり前だけど、どこもアメリカっぽいw

二階から眺める風景。

ここから少し北の方に歩いていくと、不思議で怪しいお店発見。ワクワク^^

一番最初の写真と、この写真は同じお店である。「CLEAR CREEK TRADING COMPANY」
インディアンや冒険好きにはたまらないお店!
お店の中には定番のお土産のドリーム・キャッチャーはもちろん、石・鉱石・皮(ミネトンカもあった)はもちろん、干した毛皮とか皮ひもとか骨とか羽根とか、動物から取れるありとあらゆる部品というか材料というか、製品になる前の素材も売っているので、自分で帽子やバッグ、インディアンの羽根飾りや、クッションなどを作る材料を買い込むには持ってこいのお店である。
観光客のためのお土産やと言うよりも、地元の人たちが何かを作るために来るお店だった。また、品物もお土産やにあるものよりもクオリティが高いのが特徴。

骨が山積みで干してあるし

骨とか、牛の皮がまるまる干してあるし、荷馬車の車輪とか工具とかもあったし、いったい誰が何の目的で買うのだろうか?摩訶不思議な世界wwwでも、なぜかトキメクwww

旅の空の下から -セドナ編⑰- ル・オーベルジュのランチ
アメリカ大陸の自然を満喫 セドナの旅まとめ

広告




CATEGORY :
TAG :