旅の空の下から -セドナ編⑮-WILDFLOWER BREAD COMPANYというパン屋やカフェ

ぐっもーーーーーにん!セドナ!

 

アメリカ滞在3日目。セドナ2日目。
この日は、足を延ばしてグランドキャニオンに行きサンセットを見る予定だったが、前日の時点で曇りのち雨の天気予報だったので、急遽予定を2日後に変更した。
そのため、この日は一日は”セドナ内をゆるーくテキトーーーに観光する日”とした。

この辺りはこの様なジープがたくさん止まっている。”ジープで観光”が主である。大きな幹線道路は走っているが、ちょっと道をそれると結構ワイルドな道になって、急な登り坂や、これ?本当に道?的な道なき道とかいろいろバラエティに富んでいるのである。

このPINK JEEP TOUR は、結構商売っ気のガンガン出ているところで、ピンクの猪がお店のキャラクター。
なぜか?この前で写真を撮る観光客は多い。
セドナ内は公共の足が無いのでこのようなツアー会社に行って、あちこち観たいスポットや行きたいところに連れて行ってもらうことになる。

カフェも併設されている。

先ほどのPINK JEEP TOURのななめ向かいに、VISITOR INFORMATIONもあるのでここでいろいろ観光情報も集められる。

VISITOR INFORMATIONから少しウエストセドナ方向に数メートル歩くと、WILDFLOWER BREAD COMPANYというパン屋さんがある。
このパン屋さんは地元の人にも人気で、また、観光客も朝ごはんを食べにたくさんの人が訪れていた。
朝ごはんが不発に終わったので、お腹いっぱいなのになぜか足は食べ物屋さんばかりに向いていくw

こんな感じでお店の中は、パンを買う人、朝ごはんを注文するために並ぶ人、朝っぱらからケーキを買う人で長蛇の列。
テーブル席は、満席。店員さんも忙しさのあまりちょっとイラッとしていたw

こんなケーキが朝から飛ぶ様に売れているのですよ。
あまりにも甘そうなので買わなかった。
この日は買わなかったが、滞在中に一度だけスィーツ(チョコレート)は買ってみた。しかし、超激甘なのは物によりました。気絶寸前の甘さのもあるが、適度に日本人の舌に対応可能な甘さのものもあった。
ただし、『買ってみないと分からない』ところはかなりチャレンジングだ!

店内満席。

すぐ隣にはスタバもある。

パン屋であふれてしまった人はスタバに流れている。スタバのテラス席からの景色も最高!

ここは、ちょっとしたショッピングセンターになっていて、ワイン屋、アートギャラリー、お土産屋さんなどある。
この様に施設がモダンでいろいろあるのは理由があって、このすぐ裏手にハイアットのコテージやリゾートマンションがあるからなのだ。

このマンションの様に見えるのがハイアットのホテル。

セドナの人が住んでいるのも、このようなアースカラーの建物になっている。
ウエストセドナにはマクドナルドもあったが、建物は同じアースカラーでマクドナルドの『M』の字も赤に黄色のロゴではなく、世界で唯一緑色の『M』の看板になっている。
建物はアースカラーの他に、カーキ色が多く景観に非常に気遣っている。

旅の空の下から -セドナ編⑯-CLEAR CREEK TRADING COMPANY 街中散歩へつづく
アメリカ大陸の自然を満喫 セドナの旅まとめ

広告




CATEGORY :
TAG :