糖質制限:ケトジェニックダイエットを始めました。

アンチエイジングとダイエットを一石二鳥で手に入れるケトジェニックダイエットを始めました。

広告

ケトジェニックダイエットとは

ケトジェニックダイエットを9月29日よりスタートしました。

そもそも、このケトジェニックダイエットとは何ぞや?と思われると思います。
身体の中で分泌されるケトン体を利用してダイエットしようと言う、ロバート・アトキンス博士が考案したダイエット法です。
通常は、このケトン体が脂肪を分解してカロリー消費に使います。
まずは、食べた脂肪分を日常の生活活動に使おうという事です。
しかし、糖質の高いものばかりを食べていると、まずは先に糖質を消費カロリーとして使用するため、脂肪分を使う事を後回しにされます。
そのため、食べた余剰分の糖質は脂肪細胞として蓄えられ、カロリー消費として使用しなかった脂肪分も脂肪細胞として身体に蓄えられてしまいます。
つまり、活動消費カロリーとしては、糖質を使う事が優先されるのです。
糖質を使用してカロリー消費をしている時は、このケトン体は出ません。
脂肪を使用してカロリー消費をしている時に、ケトン体が分泌されるのです。

つまり、どちらで日々のカロリー消費をしているのかを知ることがまず先決です。
よく、食べても食べても太らない人がいますが、それはケトン体を分泌して活動している人です。
私の様に、水を飲んだだけでも太ってしまうタイプはまったく分泌していないのですよ。

糖質の過剰摂取は体脂肪の増減に関わるだけでなく、白澤先生のサイトからの引用では・・・

血糖値が急激に上昇し、膵臓から大量のインスリンが分泌されます。インスリンは血液中のブドウ糖を除去しようとするので、今度は血糖値が下がりすぎ、正常値よりも低い状態になります。すると、脳のエネルギー源となるブドウ糖が足りなくなり、脳がガス欠を起こして機能しなくなるのです。また、血糖値が急激に下がると、脳の働きに必要なアミノ酸が枯渇し、神経伝達物質が作れなくなって、脳が麻痺状態になります。

つまり、「脳の働きを良くしたいから甘いものを食べる」というのは、完全な逆効果だということです。白いご飯やパン、麺類などの炭水化物も同様。炭水化物は糖類で合成される化合物であり、砂糖と同じ、糖質であることに変わりはありません。

昼食後の会議は眠くてしかたないという人もいると思います。それは、昼食で砂糖や炭水化物を摂った結果、脳が機能不全に陥るからです。

何より恐ろしいのは、糖質には中毒性があるということです。砂糖や炭水化物を日常的に摂取していると、より多くの量を食べないと我慢できなくなり、その欲求が満たされないと、イライラしたり、怒りっぽくなったりします。こんな状態では、とても仕事に集中することはできないでしょう。

これは、糖質が脳へダイレクトに影響を与える物質だからです。白砂糖や炭水化物を摂ると脳のA10神経系というところが刺激されます。すると、ドーパミンという物質が分泌されて、強い快感をもたらします。このメカニズムは、コカインなどのドラッグを服用したときとまったく同じです。糖質の摂取時とコカイン摂取時で脳の同じ回路が使われていると考えれば、その中毒性の恐ろしさがわかっていただけるのではないでしょうか。

むむーーん。デブになるだけでなく、アホにもなるということなんですね。

ケトジェニックダイエットを始めようとした理由

痩せてスタイルが良くなりたい。

これは女子にとっては永遠の課題です。
しかし、それだけでは無いのです。
不要な脂肪を体内に蓄積することによって、がん細胞、特に乳がんの発生率を高めます。

こちらの過去記事をご参照ください。

「乳がんとケトジェニックセミナー」に参加。糖質制限と乳がん予防について学ぶ | Tomorrow is another day!

先日、元女子プロレスラーの北斗晶さんが、乳がんのため右乳房を摘出されたばかりです。
過去記事にもあるように、母が乳がん、叔母も先日乳がんで亡くなったため、私にとっては切実な問題です。

かと言って自己流でやるのは危険ですし、根性が無い私にとっては続かないと思いました。
根性論ではどうにも出来ない部分は「仕組化」して取り組んだ方が、成功率が上がります。

そこで、「日本ファンクショナルダイエット協会」に入会して、医学的も仕組的にも失敗のリスクが少ない方法を選びました。
しかも、レポートを提出して試験に合格すると、ケトジェニックアドバイザーの資格も取れます。
痩せられて、健康を維持する知識が得られて、アドバイザーの資格も取れ一石三鳥です。
さらにこれから立ち上げるKitchen Beeで美味しく楽しく簡単に作れるケトジェニックなお料理を提案できると、つまり四鳥です。

ケトジェニックダイエットアドバイザー養成講座の日本ファンクショナルダイエット協会 | JFDA

一日目のケトン体の分泌状況と食事

ケトン体の分泌チェック

ケトン体が分泌されているのか?をチェックできるウロペーパーで朝と夜に確認します。
9月29日の朝のチェックです。

・・・まったくケトン体が分泌されていません。。。
私がここ2年激太りしたのはこれが理由なのかもしれません。

夜は、ソファで寝落ちしたのでチェックを忘れました。キリッ。

9月29日の食事

朝ごはんは食べていません。

昼ごはん
・タラのバターソテー、アスパラ添え
・糖質0麺。つけダレは納豆と生卵と納豆のタレにお醤油少々
今後、タレのレシピ開発をやりたいです。

夜ごはん
キッチンスタジオで残業のため、近所の串焼き屋で食べました。

・炭酸水とキャベツの突き出し

・サーモンのお刺身

・ささみの串焼き2種
・ぼんじり、ナンコツ、砂肝

・アスパラベーコン巻き

・塩ラッキョウ
島ラッキョウと勘違いして注文。。。島らっきょうは大好物ですが、塩ラッキョウは苦手です。
でも、勿体ないので食べました。

感想

意外と辛くない食生活です。
仕事があるので、アルコールは飲みたく無いですし、
串焼きは激うまだし。

しかし、外食をするとお金がかかるので、翌日からは自炊バージョンでがんばります。

広告