ブルーボトルコーヒー 『blue bottle coffee』清澄白河店へ行ってみた

これがあの噂の・・・。 『blue bottle coffee』

 

広告

ブルーボトルコーヒー 清澄白河店へ

 

2015年2月6日にオープンした、ブルーボトルコーヒー 清澄白河店

 

ブルーボトルコーヒーとは、クラリネット奏者を諦めた創始者のジェームス・フリーマンが、自宅のガレージで”本当に美味しいコーヒーを作ろうと始めたコーヒーショップです。

 

スターバックスコーヒーや他のチェーン店の様に”美味しいけれど、マニュアル化された”サービス”では無く、

ブルーボトルコーヒーの香り つまり ブルーボトルコーヒーの心が込められたコーヒーを世に送り出したいと立ち上げたのです。

 

私は実はコーヒーは”とても好き”という訳では無いのです。

しかし、なぜ行ってみようと思ったのか、それは

「ずっと目指していた夢に挫折したが、もう一つの自分のやりたい事をスタートさせた。」

そのスピリットに触れてみたいと思いました。

 

折しも、私自身も会社員人生にピリオドを打って、新しいスタートを切ろうと決意し、周りにそれを伝えた直後だったからです。

 

 

店舗の混雑状況

 

ネットで「何時間待ちだった・・」などと混雑ぶりの情報が飛び交っています。

実際のところどうなのだろう?と思いました。

まぁ並ぶだろうとは覚悟を決めて清澄白河へ

 

 

3月14日(土曜日)15:11

会社勤めをしている人なら、一番活発に外に出たがるだろう時間に到着。

列の長さにびっくり。

 

列に並んでいる人たちは、漫画本を持ってきて読みながら並ぶお一人様あり。連れと楽しそうに会話して並ぶ人あり。

列の先頭で警備員が入店制限をしていて、約10人ずつぐらいを切りながら店内に誘導していました。

そして、並ぶこと50分で店内に入れました。

 

店内の様子

 

店内でもオーダーカウンター前に並びますが、これはすぐに順番は回ってきます。

 

 

カジュアルな雰囲気の店員が、タブレット端末で注文を受けてくれます。

 

 

ドリンクは、グラスカップ・ペーパーカップ・マグカップそれぞれ選べます。

サイドメニューや、コーヒー豆も買えます。

ただし、店内で食事をしないて、買って帰るだけであれば、店舗に入る前に一度警備員に聞いてみると良いと思います。

50分も待たないで、買い物だけして出られるかもしれません。

”かもしれない”というのは、そのような人を見かけたのですが、実際にその人に確認した訳では無いからです。

 

オーダーも、買い物だけする列は別に用意されていますので、そちらに並ぶことになります。

 

 

オーダーカウンターの奥は、ガレージをイメージした作りになっています。

コーヒー豆もどっさり。

 

 

二階へ上がる階段がありますが、ここはスタッフ・オンリーなので、一般客は入れません。

 

 

天井の一部がガラス張になっていて、スタッフがチラリと見えました。

 

この後、衝撃的な事が起こったのです。。。

この二階に、創始者でありCEOでもある、ジェームス・フリーマンがいたのです。

 

この後、階下に降りてきて、それはそれはビックリしました!

あまりの驚きに写真を撮る事を忘れてしまいました。

 

しかし、周りのお客さん達は誰一人カメラを向ける人も無く、スマホを向ける人も無く、

広報の人に写真を摂られているジェームス・フリーマンを見守っていました。

 

こちらの写真その物で、薄いブルーのダンガリーシャツを着ていました。

http://macaro-ni.jp/1320

 

 

オーダーを済ませた後は、カウンターで入れられるコーヒーを眺めてゆっくり待ちます。

日本人スタッフもいますが、半分は外国人スタッフでした。

日本人スタッフも英語が堪能の様で、スタッフ同士の会話は英語が多かったです。

 

ブルーボトルコーヒーを味わってみる

 

オーダーしたのは、「ドリップ」450円です。

 

スターバックスコーヒーと比較すると、少し高い値段設定です。

しかし、店員が目の前で入れてくれるのを眺める事が出来るというエンターテインメント性があります。

お味はと言うと、酸味が抑えめですが、ちゃんとコーヒーならではの酸味がやさしく広がります。

そう、味が『優しい』んです。

 

カフェ ラテ 520円

リエージュワッフル 500円

 

カフェラテは、ドリップよりもさらに優しい味がしました。

正直なところ、SNSに「こんな美味しいカフェラテを初めて飲みました」と思わずポストしたほど、美味しかったです。

コーヒーがそんなに好きでは無い自分がうなるほどでした。

 

店舗情報とまとめ

 

混雑は、一時期騒がれていたような、8時間待ちだとかウン時間待ちとかはありませんでした。

3月14日(土)15:00過ぎ時点では50分待ち。

確かに、コーヒー1杯飲むのに50分待つのは酔狂だと思われるかもしれません。

しかし、そのお店がもつポリシーやスピリットを感じるには行ってみないことにはわかりません。

そして、それに触れた途端、なるほど!この味だった並んでも飲みたい。

店内のアメリカンでクールな雰囲気を楽しむなら行ってみたいと納得しました。

 

店員さんがコーヒーを入れてくれる様子を動画に撮ってみましたので、このブログを読んでくれた方々へおすそわけです。

 

 

住所: 東京都 江東区 平野 1-4-8
営業時間:8:00~19:00
定休日:無し(2015年3月14日時点)
サイト:https://bluebottlecoffee.jp/cafes/kiyosumi

東京都 江東区 平野 1-4-8

 

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告