東京 蔵前マフィン専門店 デイリーズ・マフィン Daily’s Muffin :フワフワマフィンに心躍る

久振りにカフェ巡りをしてきました。
行った先は、東京は蔵前にある「デイリーズ・マフィン Daily’s Muffin」です。

ダイエットのために・・と思ってカフェ巡りをお休みしていたのですが、どうにもこうにも何かに癒されないとやりきれないことがあり、思い切って自分を甘やかすことにしたのです。

広告

新しいカフェやショップが次々にオープンしている蔵前エリア

最近蔵前エリアには、古いビルをリノベーションしたショップやカフェ、バックパッカー向けの宿などが次々にオープンしていますが、このデイリーズ・マフィン は数年前には(確か2014年ごろ)あったのです。
あったのですが、評判になって来たのがここ最近なのです。

”近いほどなかなか行けない”という、世の中のあるあるの罠にそのまんまハマっておりまして、苦節ウン年でようやく足を運びました。

都営浅草線 蔵前駅の1番出口を地上に上がったすぐにあります。
雨にも濡れないんじゃないか?と思う程、出口を出てすぐにあります。

住所:東京都台東区蔵前2-3-1-101
Tel:03-3865-4451
営業時間:月-金 8:00〜
土 11:00〜
定休日:日曜・祝日
サイト:http://dailysmuffin.jp/

東京都台東区蔵前2-3-1-101

すぐ右隣は、コーヒー豆を焙煎しているお店で、ホッと一息つくには良い場所です。

店内

店内は、イートインもできます。
ただし、カウンター席にスツールが4つあるだけですので大人数は難しいですし、
”ここでノマド”などの長居も控えた方が良いと思います。
電源、Wi-Fiも無しです。

何種類かのマフィンが店頭に並んでいます。
どれにしようか?かなり悩みますが、大人の女性の握りこぶしの1.3倍ぐらいある大きさなので、1つ食べると満腹になるかと思います。

私は「アプリコット&ミルクティ・メープル」とアイスティをオーダーして、食べて帰ることにしました。


マフィン 320円、アイスティー300円
見かけよりも、甘さ控えめです。
マフィンにスプーンが添えられて出されるので、「なぜフォークじゃないのかなぁ?」と思っていたところ、一口齧って納得。
フワフワのため、スプーンで掬いたくなるのです。

店内には、焼き菓子やデイリーズマフィンの本も販売されています。

参考情報

2017年5月から月島店がオープンしたとのことです。
ちょうど、都営地下鉄大江戸線の月島駅と勝どき駅の中間地点あたりにあります。
こちらは日曜日も営業しているので、うっかり蔵前店の定休日に当たってしまったら、そのまま都営地下鉄大江戸線の蔵前駅から、月島を目指すのも良いかもしれません。

東京都中央区月島3-28-5

ふわっふわの、心がホッとする味でした。

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告