【食レポ】金沢 「フルーツパーラーむらはた」創業100年超の老舗 フルーツてんこ盛りのパフェ

祖父母が果物農家だったため、幼い頃からフルーツを食べて育った@さゆりっぷです。
フルーツにはちょっとうるさい。
そんな私がおススメする金沢の超有名なフルーツパーラーのご紹介です。

広告

金沢の繁華街 武蔵ケ辻・近江町市場そばにある老舗フルーツ店が経営するフルーツパーラー

金沢は、伝統の「和菓子文化」が脈々と伝わってきている街です。ですが、洋菓子であるパフェもこれまた、すごいお店があります。
その名も「フルーツパーラーむらはた」

事前にリサーチしたところ、人気メニューは売り切れになることもしばしば。
実は、私自身も「むらはた」に3回行きました。
1回目は閉店1時間前に行って、売り切れで食べられませんでした。
2回目は開店直後に行って食べられました。
3回目は再訪です。
それぐらいの人気店です。

場所は、武蔵・近江町交差点を少し南に下がった交差点を、西に入ったところにあります。

交差点を入ると、Timesの黄色い看板の後ろにフルーツの看板が並んでいます。ここが「むらはた」です。

 

1階はフルーツショップ。
フルーツショップの右側に、2階のフルーツパーラーに上がる入口があります。 入口にはお目当ての”黄金桃パフェ”が売り切れとの張り紙が・・・涙。18:00に到着したらこんなことになりました。

店内の様子

店内の様子です。
座席数はかなりあるものの、この日は開店直後に行って、あっという間に満席になりました。休日だとそれぐらい人気のお店です。

季節ごとに変わるスペジャルメニュー

この日お目当てだった「黄金桃パフェ」1,100円。東京都比較すると価格も抑えめです。
なんと!5,000円もする「ルビーロマンパフェ」一度は食べてみたい。
スペシャルパフェは、いつも食べられるという訳ではなくて、オレンジ色の部分がスペシャルパフェを食べられる期間になります。 (赤いところは定休日)

スペシャルパフェ:黄金桃パフェ・ゴールデンキウイパフェ実食

これが黄金桃パフェ。石川県特産の黄金桃がふんだんに渦を巻いてトッピングされています。
横から見たところ。中にもずっしりと詰まっています。
再訪した時に食べたゴールデンキウィパフェ。さすがフルーツ店のパフェ。果物が惜しみなく盛られています。
横からみたところ。

感想

満足です。
何が満足かと言うと、パフェに対するフルーツの割合が多いことです。
ほぼほぼフルーツ!
しかも、添えられているアイスクリームの甘さに負けない、よく熟れた甘さが際立っています。
人気な理由もわかる気がします。

もし「むらはた」に行きたい場合は以下の点をご注意ください。
・スペジャルパフェが食べたい時は、事前に確認すること
・スペシャルパフェが食べたい時は、早めに行くこと。

金沢に行かれる際は、ぜひおすすめです。

店名 MURAHATA Fruits Parlor  むらはたフルーツパーラー
住所 〒920-0855 金沢市武蔵町2-12 本店第一ビル1F
電話 076-224-6800
定休日 不定休(カレンダーを参照)
営業時間 10:00〜19:00
サイト murahata.co.jp

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク