浅草観光の穴場:TULLY’S COFFEE 隅田公園店 公園内のタリーズは川風に吹かれて気持ちいいカフェ(ミニリュウも出ます)

近いからなかなか行けない」そんな灯台下暗しな場所ってありませんか?

私は雨の日以外は自転車通勤をしています。その通勤経路に当たるのが隅田公園です。
春は桜の名所で多くの花見客が来て、夏は隅田川花火大会の見物客が多く訪れます。
しかし、イベントの時には人がドッと押し寄せるのですが、普段は観光客がちらほらくる程度の場所なのです。

隅田公園を川べりに向かって見上げるといつも明かりがポッと灯っているカフェがあります。それが、タリーズ隅田公園店です。

ほぼ毎日見ているけれど、行きたいなぁと思いつつ素通りしている日々でした。
私が働いているキッチンで昼間のご予約があり、その間たいていカフェか図書館で事務作業をしていますが、気晴らしにタリーズ隅田公園店に行くことにしました。

とてもよく晴れた午後。浅草駅からも近いということもあり、混んでいるかな?と想像していましたが、期待を嬉しく裏切ってくれて、特に待つこと無く席に着くことができました。

店内はごくごく普通のタリーズ仕様

店内の席数はそう多くはありません。
お客さんの外国人率はハンパなく高く、7割ほどが外国人観光客でした。
日本人もいましたが、日本人単独もしくはカップル、グループで来ているというよりも、外国の友達や知り合いを連れてきているというケースが多く、”連れは海外の人”が非常に多いのが特徴でした。

なんと言ってもうれしいのが、テラス席。
隅田川に向かって、テーブルとイス、パラソルが並べられていました。

私も運よくテラス席を確保できました。

川べりの塀には、タリーズは利用しないけれど、川風を感じながら休憩中の観光客が多く、にぎやかにおしゃべりしながらくつろいでいました。
そっか!そうですよね。ここは公園ですから、自由に出入りできるんですよね。
常々思うのが、外国の人のほうが公園を憩いの場として上手に使っている人が多い気がします。
日本人だと、観光地で休憩したいと思ったらカフェとかを探しますが、公園を探してそこで休むという手があるのですよね。

パラソルの間には東京スカイツリーも見えて、私まで観光気分です。
ここにいる間、Pokemon Go!をやっていたところ、ミニリュウを数匹捕獲しました。川沿いということで出やすいスポットなのかもしれません。

あれ?!公園に観光客が多かったのはそのせいなのかなぁ???

住所:東京都 台東区 花川戸 1-1-31 隅田公園
電話:03-5246-4320
定休日:なし
営業時間:09:00~21:00

東京都 台東区 花川戸 1-1-31 隅田公園

広告