「イカの塩辛クラス」を開催!イカの塩辛作りは十人十色

2019年9月29日。「梅ちゃんの発酵教室 イカの塩辛仕込みクラス」を開催しました。

広告

新鮮なイカを築地場内に仕入れ

イカの塩辛仕込みクラスを開催するときは、2度イカを仕入れに行くことになります。
2-3日前にクラス開催までに一夜干しの状態にしておく分を仕入れに行きます。
そして当日の朝に、クラスで捌いていただく分を仕入れに行くのです。

▼この日は移転前で、一般のお客さんがいっぱい来ていました。

▼新鮮なイカを仕入れます。鮮度の見分け方は”イカの色”です。

2-3日前の仕入れも、当日の仕入れも北海道産の新鮮なものが手に入りました。

作る家によって、十人十色な作り方

イカの塩辛は、作る家があればその家の数だけ作り方がある、と言っても過言ではないほど様々な作り方があります。
”発酵教室”と言うだけあって、我が家のイカの塩辛はなんとほぐした米麹を入れてしばらく発酵させます。
そして日持ちも他と比べると長いのです。

また、新鮮なイカを捌いてすぐにキモと和える方法もあります。

クラスでは、一旦一夜干しにしてから和えるタイプを紹介しています。

参加頂いたブロガーさんたち

今回は、ブロガーさん3名がご参加いただきました。
とっておきの日本酒「千曲錦」で乾杯です。

「☆100歳以上生きる!!☆」を運営のねーさん

「生きてる それだけで充分」を運営の中田潤子さん

「Party?Party!@neppie.com」を運営のMinako Seki (neppie)

ご参加頂きありがとうございました!!!

  • ブックマーク

スポンサーリンク