「金目の会」に参加。目から鱗がダダ漏れ!青色申告の作業はこれでバッチリ:2018/6/24

しっかり経理管理をして「おに糸」をつけよう!

「金目の会」に参加しました。

広告

青色申告 三年生

開業一年目から、一人で青色申告に挑戦しました。
3月、、死にそうな思いをしましたが、会計アプリに助けられてどうにか一人でやり切りました。
ひーーー

開業二年目の青色申告は、前年の反省を踏まえてチェックリストを作ったり、業務用経理アプリと家庭用アプリを分けたり、経理アプリからデータをダウンロードして自分の見たい角度で分析ができるように加工したりと、口座の整備、カードの整備などをして試行錯誤の年でした。
試行錯誤しているうちに、伝票が山のように溜まり年明けから死ぬ思いをしました。
ひーーーーー
しかし、前年よりかはどうにか少し早く青色申告を提出出来ました。

今年、三年目。
一昨年と昨年の反省を生かして、伝票は全く溜めない作業フローにしました。
二年目に作ったチェックリストや分析データのフォーマットを更にバージョンアップさせております。
また、分析データを更に違った角度で加工し始めて、営業ツールにしようとしています。
(会社員時代は営業企画に所属していて、基幹システムからデータを引っこ抜いて分析するのがまさに本業でした。)

しかし、、、
“効率化”については、どこをどう端折って良いのか?
どこはしっかり押さえておいた方が良いのか?は全くもって知識がありません。
それは先人である諸先輩方の経験値に勝るものはありません。

金目の会で目から鱗がダダ漏れ

ということで、金目の会に参加してきました。
このようなノウハウや情報は、ど素人なので毎年どこのタイミングで説明会や講座に参加するようにしています。

そして、目から鱗がダダ漏れとなりました。

まず、私の一番困っていたのは交通費の精算でした。
家から仕事場のキッチンスタジオへは、最初は定期券を買っていましたが、定期券は無駄だと気づき今はApple Watchで全て精算しています。
しかし、そうなると仕事での電車移動とプライベートでの電車移動と一緒くたになってしまうのです。

金目の会でアドバイスを受け、仕事用・プライベート用を切り分け、しかもデータでガツンとダウンロードできる方法を知りました。
ひゃーーー!あっという間に簡単作業に。
しかも、それらを設定する時間も設けられていて、設定方法が分からないと、その場ですぐに教えてもらえます。

至れり尽くせり

他には、どうやって日次・週次・月次の作業フローを管理しているかを教えてもらいました。
全く同じようには出来ませんし、そこまでは求めていませんが、参考になる事が山のよう。
自分が必要なところをうまく取り入れて行こうと思います。

感想

何が良かったかと言うと、自分の困っている点をその場で解決してもらえた事です。

七転八倒しながらも2回はすでに青色申告を乗り越えて来ているわけですから、基本的な事はなんとなーく分かって来ました。
(仕分けなどは、ネットでググればすぐに分かりますしね)
けど、やはり経験を積んでいるからこそのノウハウは教えて貰って役に立つ事ばかりです。
また、口頭で説明する講座はもうすでに何度も受けて来ましたが、、あくまでも説明のみ。
その場で設定・カスタマイズすることが出来る会で、超実践的なところが金目の会の凄いところでした。

三年目の今回は、1月過ぎたら早々に確定申告を提出して、お祝いのシャンパンでもあけようかと思います。
そのためには『日々のコツコツ』が大切です。
さぁ、教えて貰ったことをどんどん実践していこう!!!

  • ブックマーク

スポンサーリンク