湘南3daysワークショップ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」に参加:OSHO禅カードに暴かれた自分

2018年6月29日から7月1日の三日間、湘南3daysワークショップ「感性の扉を開き、人生のステージを上げる」に参加した。

その三日間のことを未来の自分のために書き留めておく。
ただ、どこから書いて良いのかさっぱり分からないので、この三日間にひいたOSHO禅カードに沿って書いていくことにする。

広告

一枚目のカード:EXHAUSTION(消耗)

ワークショップ(以下WSと記載)に参加して、まずOSHO禅タロットカードをひかされる。

そもそもだ、その時の私は「こんな占いみたいなもの全く信用ならない」と思っていて、星占いとか、四柱推命とか、六星占術とか、そんなものは”面白い”とは思っていても、朝の情報番組のたった数分間の星占いと何が違うのだろうか?
そう思っていた。

最初から占いかー・・と。

なぜ参加したのか?

そもそも来るつもりも無かったし、心の学びなど私には必要無いし、どちらかと言うと「新しいビジネスモデルの構築の仕方」とか「売上倍増」とか、そう言う事を教えてくれる三日間のWSに出たかった。

しかし、一緒に「ものくろキャンプ」をやっている大東さんに誘われたのだ。

大東さんが言うには「自分が申し込んだので、一緒に行きたい。たぶんこれに参加したら自分は変われる気がする。その一部始終を見ていて欲しい」と言われたのだ。

それに対して「エーーーッ?!勝手に行って。なんで親でも無い兄弟でも無いのにアタシの貴重な3日間を無駄にしないといけないの?好きに変わってくださいな」と思っていて、そのまま伝えた。
しかし、なかなかこれがシツコイのである。
挙句に「参加費用をものくろキャンプの経費にしてもいいから」とまで言い出す始末。

まぁ、経費負担してくれるなバカンスだと思って行けば良いか。。と渋々承諾した。

SNSでざわつく

参加申込みをした人たちが次々にSNSで「参加申込みした!」「申込みだん!」などと呟く中、私は無言を貫いた。
なぜなら、土壇場で逃げられる様にするためだ。
それと、たぶん私が申込みをしたら、私を知る人たちは晴天の霹靂とばかり騒ぐに違いないと思った。

参加当日の朝、どうやら大東さんは同じ参加者の人に車で一緒に行こうと誘われていたらしいが、私が逃げ出さない様にそれを断っていたらしい。
渋々、錦糸町駅で拉致されて待ち合わせて総武線快速に乗せられる。
むー。。。手の込んだ野郎だぜ。
しかし、かなり早く逗子駅に着き、すっごく美味しい豆腐料理やでお昼ご飯をご馳走になったころから、ご機嫌になってくる。
そして、どうせ行くのなら楽に楽しく行きたいと思い私は「バスじゃなくてタクシーでサッサと行きたい」とわがままを言い出し、誰よりも早く会場である湘南国際村に到着することになったのである。

逗子駅に着いた頃から開き直って「逗子駅なう」と呟き、会場に到着したら「湘南3Daysなう」と呟いた。
すると案の定「Σ(゚Д゚;エーッ!」「うめちゃんまさか?」「そんなことから対極にいる人が」と、ネット民達がざわつき始めた。

心の中では「でしょー!でしょー!そうでしょー?」と同意をしていて、ざわつくのが次第に楽しくなってきた(笑

OSHO禅タロットカードに暴かれる

WSが始まるとOSHO禅タロットカードを一枚ずつ引くことに。
そして、私が引いたのはEXHAUSTION(消耗)だったのた。

このワークショップの主催者である岡部明美さんに「このカードを見てどんな気持ち?」と聞かれた。

正直、第一印象は嫌な気分である。
そして、ハッと気付いた!!!
ヤバイ!今の私だと思ったのだ。

次の記事に続く。。。

スポンサーリンク