いつも通りの朝と「梅干し仕込みクラス」の日:日記2018/6/8

梅の香りを、ブログで伝えられないことがとても残念なほど、馥郁たる香りにうっとり。

広告

朝からデスクワーク

今日も朝からデスクワークでスタート。
地味だが、コツコツと少しずつ進んでいる感覚が心地いいです。
コツコツ派か?一発逆転派か?と聞かれるとズバリ後者ですが、足の怪我のせいで一発逆転がしんどい。
動けない今だからこそ、コツコツと進もう。

それと、「梅干し仕込みクラス」のテキストを作成。
テキストを作成するというよりも、自分のメモ書きや走り書きだったものを、「しっかりと美しく形にする作業」と言った方がぴったり当てはまる気がします。
いつも、ついつい後回しにして、ギリギリまでやらないのですが、嫌いな作業では無いのです。

ギリギリまでやらないのでは無くて「直近にやる作業」と位置付けていると言った方が相応しいかもしれません。

何だかんだ言っても、お昼ごはんを食べる頃には完成。

お昼ごはん

いつもお昼ごはんは、ちゃちゃーっと。
今一番ハマっているのが「卵焼き」
卵3個をといて、細かくちぎったとろろ昆布と青のりとを入れ、味付けはお醤油とみりん。
これをよく混ぜて、太い卵焼きを作り、6等分に切るのが最近の定番。
いつも、4切れ目か5切れ目で終わり全部食べ切れず、ラップして冷蔵庫へを

この卵焼きと、今日はネギとお揚げのお味噌汁。
それにトウモロコシご飯。


▲これは一昨日の昼ごはん。

この時にお味噌汁はたっぷり作っておいて、夜に残りを食べることにしています。

たいてい、朝はご飯を炊いて+作り置きにもなる副菜を作り、お昼はお味噌汁をたっぷり作り、夜はメインディッシュを作る、という力配分で食事を作る日々。
どこかに集中してどどーん!とパワーを注ぐとしんどいし、毎食全パワー使って作るのも続かないので、力配分は分散しています。
簡単、楽チン、チョイ手抜きで、でも量は少し多めにして、それらをゆるゆると回しています。

梅干し仕込みクラス

夜は「梅干し仕込みクラス」

参加者さんたちと梅干しをのんびりと仕込む。
わざと席をぎゅっと近寄せて、おしゃべりしやすい配置にして、そこに私も混ざって。。。
梅の香りに包まれながらの梅仕事。
今宵も至福の時間。

  • ブックマーク

スポンサーリンク