奈良 水門町 東大寺すぐそばの絶品蕎麦屋 そば処 喜多原(きたはら)

久しぶりに「うまいっ!」と唸った蕎麦


奈良に行ってきました。

唐招提寺の観月会に行き、満月の夜にWish List100を書く:日記 2017/10/4

飛鳥の時代に心馳せた1日:日記 2017/10/5

奈良にとても行きたい蕎麦屋があり、東京から予約の電話を入れたところ、満席。

予約が取れなくて、ガッカリしながら奈良に向かっていました。

そこで教えてもらった別の蕎麦屋「そば処 喜多原」へ行ってみたのです。

広告

東大寺すぐそばにある外国人観光客に人気の店

東大寺のすぐ近くにあります。

あまりにも近いからでしょうか?外国人観光客が多く来店していました。

着いたのが14:00ごろで、店の外は6人ほど並んでいました。

全員外国人観光客。

お店の前のたぬきと一緒に写真を撮っている外国人観光客も。

20分ほど待ってやっと中に入れました。

店内は、フランス語、英語、中国語。そして若干の日本語。

あ、店員さんはみんな日本人ですので、日本語通じます(笑

古都奈良らしい和風のしつらえです。

座敷席にテーブルは3つ。

テーブル席も3つあります。

全部で6席なので、そんなに多くは入れないのですね。

天ぷらはパリッと!蕎麦は腰があってコクもある10割蕎麦

まずは「吉野葛の刺し身豆腐」570円

奈良は吉野葛の産地。葛料理をチョイスしてみました。

これが、弾力のある葛でツルっとしています。

少しこんにゃくに似た歯ごたえが、なかなかに美味しくて、日本酒の肴にしたいぐらいでした。

蕎麦は「奈良野菜と海老の天ぷらそば」1,480円

先に天ぷらが運ばれてきました。

これがまたサクサクで絶品。

なんと大根の天ぷらもあるのです。

どうやって揚げたのだろう?と興味津々。

近々自分でも試してみようと思います。

そして、十割蕎麦が運ばれてきました。

腰があるけれども蕎麦のコクがしっかり感じられる麺です。

最初は塩だけで食べるのです。

塩だけで楽しんだ後に、めんつゆでも頂きます。

塩だけで勝負するなんで、よっぽど蕎麦に自信があるのだと感じますが、期待を裏切らない旨さ。

もちろんつゆも、関西風のアッサリとしてやさしい価値ありで美味しいのです。

正直、今までいろんな所で蕎麦を食べましたが、Top 3に入る美味しさ。

これは、奈良の宝だ!と叫びたいほどでした。

ここは、奈良を訪れたらぜひ行って欲しいです。

外国人観光客の人たちにも「これが日本の美味さだよ!」と自慢したいぐらいでした。

まぁ、そのフランス語も英語も中国語も話せませんけどね(笑

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告