東京駅 改札外にある フルーツパーラー「果実園」の桃パフェはドッサリはいったフルーツがうれしい

東京駅 改札外にあるフルーツパーラー「果実園」にフラッと立ち寄ってきました。
新幹線のチケットを引き取りに行った際に、久しぶりにリアル書店に立ち寄り本を4冊大人買いしました。買ったらすぐ読みたくなるのが人情。
いてもたってもいられなくなり、手ごろにお茶ができるところは無いかな?と思い探してみたろころ、これがなかなか無いものです。
スタバのようなカフェは、電車に乗るまでの時間を過ごす人が大荷物とともに席を陣取っていて、なかなかスルッと入れない様子でした。まぁ夏休み時期なので仕方ないと思い諦めかけていたところ、Kitchen Streetと呼ばれるエリアに果実園を発見しました。

ウェイティングスペースで待っているのは、高校生ぐらいの、制服を着て大荷物を持った3人組だけ。1組ぐらいなら待てるかなと思い並びました。
すると、電車の時間が迫ってきていたらしく、腕時計を恨めしそうに見たあとあきらめていなくなってしまいました。
そこでチャンスが巡ってきて、3人なら座れないけれども2人なら座れる という席が私に回ってきました。
ありがたや。

ウェイトが気になるお年頃で、甘いものは控えていたのですが、今年最後の桃を楽しみたいことと、パフェの中のアイスクリームが少なそうなことが決め手になり、さっそく桃のパフェを注文しました。

魅惑の一個盛りです。桃まるまる1個分入っていました。トッピングは旬な果物ぶどう。
中のアイスクリームはピンポン玉1個程度という少なさも気に入りました。アイスクリームはどうもお腹が冷えるのと、嵩増し疑惑がどうも頭をよぎります。変なコーンフレークなども一切なしな点もお店側の誠実さを感じました。
あとは、ひたすら桃・桃・桃・・・うれしい。

お値段は2,000円なり(消費税込み)
少々お高い気がしましたが、混んで座れないお店が多い中入れたことと、桃の盛り方が半端なかったことから、私としてはストライクゾーンでした。

季節のよって、パフェの種類も変わるようです。
それと1カットがコージーコーナーのショートケーキの1.5倍もある、生フルーツケーキが目を引きました。
また季節を変えて立ち寄ろうと思います。

ただし、夕方になると長時間おしゃべりに花が咲く会社帰りのOLが多くなりますので、早めに行かれることをお勧めします。

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内一丁目9−1 Kitchen Street
電話:03-5220-4567
定休日:なし
予約:土日祝日以外は可
席数:テーブル 48席
終日全面禁煙

東京都千代田区丸の内一丁目9−1 Kitchen Street

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告