まごわやさしい を『まごわやさしい』東京田町 で食べてみる

『ま・ご・わ・や・さ・し・い』をご存じですか?

 

広告

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」とは

 

「ま・ご・わ・や・さ・し・い」とは、身体に必要な栄養素をバランスよく摂るために、選ぶと良い食材の頭文字を取った言葉です。

 

  • ま・・・豆。大豆や小豆などの豆から、タンパク質とマグネシウムを摂取する。
  • ご・・・ごま、ナッツ類から不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取する。
  • わ・・・わかめ、昆布、海苔などの海藻類から、カルシウムやヨードの摂取をする。
  • や・・・野菜。ビタミンCやベータカロチンを摂取する。
  • さ・・・魚。タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛を摂取する。
  • し・・・椎茸などのキノコ類。多糖類や食物繊維を摂取する。
  • い・・・いも類。さつまいもなどのイモ類から食物繊維と炭水化物を摂取する。

並べてみると、日本古来からある食事ですね。

でも、一方では”なんか地味じゃない?”などと言われたりします。

これがひとたびプロの手にかかるとスッゴク美味しいお料理になったりします。

 

そんなプロのエッセンスを知るために、「ま・ご・わ・や・さ・し・い」を提供してくれる、その名もズバリ!『まごわやさしい』というお店に行ってきました。

 

「まごわやさしい」に行ってみる

 

仲間のブッキーが、声をかけてくれて総勢約10名ほどが集まりました。

お店集合です。

まごわやさしい

 

電話:03-5419-1393

住所:〒108-0014  東京都港区芝5-23-17

最寄り駅:

JR 田町駅 徒歩3分

都営三田線 三田駅 徒歩2分

都営浅草線 三田駅 徒歩2分

営業時間:

月~金 11:30~14:00

月~日 17:30~23:30 (L.O.22:00)

定休日:無し

 

<span class="region">東京都港区芝5-23-17</span> 

 

シンプルな食材を使っているお店。店構えもシンプルです。

そのシンプルさがモダンに感じます。

 

周りは慶応仲通りという飲食店がひしめく繁華街ですが、浮きもせず沈みもせず落ち着いたたたずまいです。

 

中に入ってみると、”和”のイメージで古民家風になっています。

 

窓に欄間の様な木彫りの飾りが施されています。

 

外から見ると綺麗に透けています。

 

なんとなく、田舎の家に帰って来たという感じで落ち着きます。

 

ま・ご・わ・や・さ・し・い のメニュー

 

「まごわやさしい」では24節気でメニューが変わります。
つまり2週間に1回のペースとなります。

コース料理は2,900円からになっています。これに飲み物代がプラスされることになります。

もちろん「飲み放題メニュー」+1,800円 もあり、夜の居酒屋と考えるとそこそこお手頃価格となります。

 

現在のメニューはこちら→http://r.gnavi.co.jp/g638807/menu3/

 

飲み物は、一風変わったでも身体にやさしいメニューとなっています。
「じゃばら酒」 750円

和歌山県北山村で採れる柑橘類の果実酒です。
これをソーダ割りにしてもらいました。

”じゃばら酒”の”じゃばら=邪払という意味で縁起の良いお酒なのだそうです。
甘い口当たりなので女性には飲みやすいと思います。

 

 

二杯目は「あらごしみかん酒」 550円

みかんのツブツブがフレッシュです。

これも甘い口当たりです。

 

さて!お食事にいってみましょう。

 

「ま」

付き出しは揚げ出し豆腐

 

「や」

すりおろした蓮根を蒸したもの

 

「わ」

アサリの酒蒸しのアオサ入り

「ご」

いんげんのピーナッツ味噌和え

 

「さ」

カツオのタタキ

 

「し」

椎茸ごはん

「い」

大学芋

 

まとめ

 

 

お店は一階のテーブル席で大人数でも入れます。今回10人ほどで行きましたが、他のお客さんも来ていましたので20人ほど入れます。

二階席は個室として使えるそうです。

 

大人数で行かなくても、今日はちょっと身体に気を遣ったお料理が食べたいというときに良いお店です。

居酒屋のジャンキーな揚げ物や、こってりしたメニューとは一線を引いています。

 

また、出てくるお料理も味付けが薄味で上品です。出汁がよく効いているので物足りなさはありません。

 

また、勉強になる事もいっぱいでした。
アサリの酒蒸しにアオサや青のりを加えると、海藻類が摂れるだけでなく、香りがとても深くなります。

 

いんげんの味噌和えの味噌をピーナッツペーストにしてみると、マンネリメニューからも卒業できます。

 

大学芋も揚げないで蒸してみるとか、かける餡も少な目でサラサラにしてみるなど。

 

家で実践できることがたくさんありました。

 

お料理本だけでは分からないことと言うと「味」と「香り」です。

ぜひ一度足を運んでみて、本物の「味」と「香り」を楽しむのも良いと思います。

 

 

奥薗 壽子
文化出版局
売り上げランキング: 46,154

 

 

奥薗 壽子
文化出版局
売り上げランキング: 9,369

 

広告