東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”(オンラインもあります)にて、発酵食クラス&九星気学講座を開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【台湾旅行記】台北からアクセスしてローカル列車とバスを乗り継いで太魯閣(タロコ)渓谷へ向かう

5泊6日の台湾旅行記の2日目。

今回、私が一番行きたかったところへ向かう。

行き先は太魯閣(タロコ)渓谷。

広告

太魯閣(タロコ)渓谷へのアクセス

9:00過ぎにホテルをチェックアウトして、台北駅へ向かう。

公共交通機関を使って、太魯閣(タロコ)渓谷へ行くルートは前の晩にGoogleマップで調べた。

《おすすめのルート》

台鐡 台北駅→新城火車站(Xincheng Taroko Station)

統聯客運(バス)新城バス停→太魯閣

新城駅でバスに乗り換えれば行ける。

しかし、あえて新城駅のさらに先の花蓮駅まで行ってみることにする。

理由は、本当ならば2018年に太魯閣に行く予定をしていたが、この年、最大震度7レベルの大地震「花蓮地震」に見舞われて行けなくなったのだ。

その花蓮市がどれだけ復興したのかを見てみたいと思ったからだ。

台北→花蓮→新城→太魯閣と、花蓮寄り道ルートにする。

台鐡に乗って花蓮に行く

台鐡のチケットをモバイルアプリで買う

台北10:00発の北廻線 花蓮行きの列車に乗る。
チケットはモバイルアプリ「台鐡e訂通」から買え、カード決済でき、チケットレスで乗れる。座席指定もアプリでできる。昔は拙い英語で窓口で買っていて、地方だと英語も伝わらない場合もあったので、行き先の駅の名前をはちゃめちゃな中国語発音で窓口で伝えては買った時代が懐かしいやら、ほっとするやら。

台北のファミリーマートで朝ごはんを買う

改札前のファミリーマート。「ポーク卵おにぎり」があって、沖縄のコンビニを彷彿とさせる。
なんと!蒸しジャガイモが店頭に売っている。
焼き芋も店頭に売っている!
蒸しジャガイモを買ったら、レジのおねえさんが無料で塩をつけてくれた。
乗る列車が入線してきた。日本と違って車両がまぁまぁ汚れている。
いざ出発!地下から出発する。

【発車するところの動画】

しばらくすると地上に出てくる。外はあいにくの小雨

北廻線

今回乗った「北廻線」は台北から右まわりで島の海岸線を周る。

台湾の右側は総称で「台東」と呼ばれ、実は日本の慶良間諸島と隣接している。

与那国島、竹富島、石垣島ととても近い。

赤い線が、今回のった花蓮までの路線。
台湾の右上あたりに到達すると「基隆」という街だ。それをさらに進むと「頭城」この写真は頭城付近。遠く「亀山島」が見える。
建物が石垣島でもみられたものと似ている。
「東澳湾」あたりだろうか、美しい海岸線が続く。この先に与那国島、竹富島、石垣島があると思うと、なんて日本に近いんだと感慨深い。
花蓮駅に到着

【到着時の動画】

花蓮でお昼ご飯とお茶をする

花蓮駅に到着

花蓮駅は西口と東口とあり、西口は古いが東口は2019年9月につまり花蓮地震後に作られた新しい改札口。

何も知らないまま、西口から出て駅前の飯屋に入る。

「飯屋」というか「食堂」というか、正式な店の名前はグールグマップにも乗っていないのでよくわからないけれど、直感で入ったらすごく安くて美味しかった。

お箸、れんげ、醤油、ラー油、酢などがテーブルの上に置いてある。
飲み物は、冷蔵庫から自分で取ってお金を払いに行くシステム。

料理のオーダーはメニューとオーダー用紙を渡されるので、食べたい料理にレ(チェック)して渡す。

オーダー用紙は中国語と英語だった。

漢字の雰囲気で選んだ、えびチャーハンが絶品!

ご飯を食べながら、太魯閣までのルートを確認する。

12:42なのだが新城からのバスの乗り継ぎが良いのが花蓮駅14:30発の台北行きの列車と分かり1時間45分の余裕があることを知る。

いつまでも駅前の飯屋に居座るわけにもいかないし、トイレにも行きたいしでカフェを探す。

飯屋のトイレはなんだか期待できない気がした(笑

カフェを探してお茶をする。350mlはあるんじゃないかと思うぐらいなみなみと注がれたミルクティー。飯屋で食べたエビチャーハンの1.5倍の値段でがっかりする(笑)

カフェは、1階がカフェで2階がドミトリー(民宿)になっている。

入店しても、店内に店主もしくは店員の姿がなくて戸惑った。

しばらく待つと店主らしき女性が出てきて、私に向かって猛烈ない勢いメニューの説明をするが、全く何を言っているのか分からない(笑)

はてな?という顔をしていたら「日本人?」と中国語で質問してきた。

私が理解できる数少ない中国語にヒットしたので、「是」じゃなくて「Yes」と答えると、英語のメニューを渡してくれた。

その後、2階奥のドミトリーのトイレ兼シャワールームで用を足す。

が、トイレの水が流れない。

この時、台北などの主要都市以外はトイレットペーパーは便器の中に流さないということに気づいていなかったのだ。

10回ほど水を流したが全然流れず、むしろ溢れそうになって「高いミルクティーを飲んだので、それで許してください。」と心の中で唱えてトイレを後にした。

駅の真ん前にバスセンターがあった。ここから太魯閣行きのバスもあるらしいが、勝手の分からない土地なので忠実に鉄道で地を這っていくのでスルー。

花蓮駅から新城駅へ。そしていよいよ太魯閣へ

新しい東口の切符売り場。
改札の前。改札の前に列車を待つ人がまぁまぁ多い。この辺りはテイクアウト専門のご飯屋さんばっかりだった。テイクアウトもいいけど、やっぱり出来立てのご飯が良い。特に台湾のご飯は日本と比べると油をよく使っているので、なおさらだ。
新城駅に到着。特急で1駅なので12分で着く。
駅前の太魯閣行きのバスに乗る。台北市内で使える「悠遊カード(EASY CARD)」という日本のSuicaやPASMOみたいなのが使えるので小銭が要らないのが便利。

台東(台湾の右側)から、台湾の島の中央に向かって直角に入っていくバスに乗って、山奥に入っていく。

立霧渓という川に沿って山の中に入っていく。
川の色が次第にオパール色に変わっていく。この辺りは翡翠(ひすい)と大理石の宝庫。
今宵の宿泊ホテル「太魯閣晶英酒店(silks PLACE)シルクプレイス太魯閣」に到着。

感想

冒険だった。

台北から夢にまでみた太魯閣に行くのに、列車に乗ったり、まぁまぁ長距離なバスに乗ったり、カフェのおばちゃんにめっちゃ中国語で話しかけられたり、楽しい大人の冒険だ。

ワクワクしかない。

そして昔BRUTUSという雑誌で見てからずっと来たかった念願の「太魯閣晶英酒店(silks PLACE)シルクプレイス太魯閣」に来られたのは、嬉しいという言葉しか見つからないが嬉しい以上の感動だった。

ホテルに到着してみたら、一瞬、「えっ?BRUTUSで見たときよりなんかボロい」と思ったのだけど、それは一瞬でホテルに入るなり、異空間と言っていいほどの美しくホスピタリティ溢れるホテルだった。

嬉しいヨォ。

プチ情報

「悠遊カード(EASY CARD)」は、台北松山空港で日本円5000円分チャージしていたので、旅の終わりまで追加チャージする必要は無かったが、もしチャージしたい場合はコンビニでチャージできる。

太魯閣にもセブンイレブンが1軒あったのでそこでチャージ可能。

「太魯閣晶英酒店(silks PLACE)シルクプレイス太魯閣」については次の記事でご紹介。

【さゆりTHERAPY】

心理セラピー・カウンセリングを行っております。
詳しくはこちら

講座開催 予定

東京・浅草橋 & オンラインzoom にて、発酵食講座・九星気学講座を開催中

2024-04-16
  • ブックマーク