東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”(オンラインもあります)にて、発酵食クラス&九星気学講座を開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【台湾旅行記】台湾最終日を味わい尽くす 「天津蒽抓餅」

5泊6日の台湾旅行記。

宿泊中のホテルはこちら。

台湾旅行最終日。どこに行くか、全くのノープラン。

ひとまず、ゆっくりと朝ごはんを食べる。

アロフト台北中山のブッフェの朝ごはん。席に着くと卵料理をスタッフに注文する。私は両面焼きの目玉焼き。サニーサイドアップよりもオーバーイージーエッグの方が好き。

お皿の上の長細い揚げてあるものは、なんと!”さけるチーズのフライ”

こんな食べ方を思いつくなんて・・(笑

朝食の時に着ていたスヌーピーのTシャツ

朝食の時に、スヌーピーのTシャツを着ていたら、隣の席のシンガポールから来たという女性にめちゃくちゃ話しかけられ、その方と片言の拙い英語でおしゃべりしながら食事タイムとなる。

なぜ、話しかけてきたかというと、その女性が超・超・超スヌーピーファンだから。

Tシャツも、バッグも、ハンカチも、帽子もスヌーピーだった。

(「私はクレイジーなの」と言っていた)

私のTシャツはどこで買ったのか?と聞かれたので、日本の東京のユニクロだと答えたら、そこで初めてスヌーピー以外のことに興味を持ったのか、「あなた日本人?」と聞かれた。

どんだけ好きなんだ(笑

広告

翡翠の店「良友」へ行き、翡翠のバングルとピアスを買う

初めて台湾に行った時、翡翠のバングルが欲しいなと思った。

しかし、その時はまだ若くてそんなにお金に余裕が無かったので、買えなかった。

ずーっとこの時のことが頭に残っていたので、翡翠の店「良友」へ行ってみた。

ホテルから10分ほどの歩いて行ける距離にある。

このバングルが、はめるとツヤツヤと照りが出てきて、私の運気を上げてくれる相性の良い翡翠なのだそう。

良友のマダムと店員さんは、日本語が話せるので安心だ。

店内にはものすごい数の翡翠のアクセサリーが置いてあり驚く。

40分ほどかけて、まず大量のピアスの中から気に入ったものを探す。

探している最中も、店員さんが「こんな感じ好き?」と色々提案してくれる。

あまりにも迷うので、ピアスは一旦やめてバングルを先に見てみたいを伝えると、今はバングルよりも数珠になったブレスレットの方が人気なのだそうだ。

けども、やっぱりバングルが良いと伝える。

予算を聞かれたが、ひとまず”気に入ったもの”という基準で選びたいと伝える。

すると、一つ一つ私の腕にはめ始めた。

えええ?と思っているとマダムが「相性の良い翡翠をはめて探している」と言い、相性の良い翡翠をはめるとバングルの色がツヤツヤとするのだそうだ。

ツヤツヤするバングルを身につけていると、持ち主の運気を上げてくれるのだそうだ。

最終的に3つの翡翠を選び、その中の一番はめると照りが出るものを買った。

3つのうちでは一番価格が安かった。

値段じゃないのね。

翡翠の場合は、高ければ良いというわけでは無いというところがとても気に入った。

ピアスも一緒に買うと言ったら「今、台湾のお正月(正確にいうと大晦日)なので、特別価格で値引きします。その代わり、日本に帰ったら良友を宣伝してね」と言われて、日本円で8000円ほど安くなり、さらにクレジットカードで購入したら、実際に明細を見たらもっと安くなっていた。

良友は翡翠を扱うお店として有名なところなので、安心はしているが、翡翠の値段っていうのが良い意味でわからなくなった(笑

※お礼として、ブログで紹介してみた。

永康街にある「天津蒽抓餅」に行って、台湾のお好み焼きを食べる

今回訪台する前から行きたかったところがある。

旅行系YouTuberさんが食べていて、美味しそうだなと思っていた「天津蒽抓餅」だ。

ホテルからも良友からも、地下鉄で12分ほどで行けるので、さっそく足を運んでみた。

めっちゃ並んでいる。。。
けれど回転は早い。
メニュー。レートはこの時1TW$が4.8〜5円未満ぐらいだったので、計算しやすいように5円で計算しても、お安い。
店員さんの前に到着すると注文して、すごい勢いで焼いてくれる。ここでお金を払う。
6番の「台湾バジル、ハム、チーズ、卵」

美味しい!!!

お味はソースがかかっていて、お好み焼き風。

焼きたてでも、あちちちというほどでもなく食べやすい。

食べるところは店内には無いので、食べ歩きかすぐ裏に公園があるのでそこで食べるように。

ちなみに台北の地下鉄は飲食禁止なので(飲み物を飲むとか、食べ物を食べるとかダメ)ご注意。

私は、半分だけ近くの公園で食べてホテルに持ち帰り、残りは部屋で食べた。

日本に帰る

ホテルに戻り荷物をまとめる。

6日間楽しませてくれた台湾に名残惜しさを感じつつ、名残惜しいならまた来ようと決める。

帰路も往路と同じ台北松山空港。

ホテルからだとバスが一番便利。

電車で向かったら、無駄に大回りしてしまった。

台北松山空港。空はどんより。
雲の上は快晴。
次第に陽が沈むのを眺めながら、北東へと進む。
地球は美しい。
あっという間に夜がやってきた。
羽田空港着。

ありがとう台湾。

楽しい時間をありがとうございました。

最後に

日本に帰って2ヶ月半後の2024年4月3日に、花連を震源地としたM7.7の大地震が起きた。

太魯閣(タロコ)渓谷では、トレッキング中の人が何人も岩の崩落で亡くなられたそうだ。

また、道路が寸断されて、何百人もの人が足止めされた。

花蓮市では多くのビルが倒壊したニュースが流れてきて、胸が痛い。

太魯閣(タロコ)渓谷は閉鎖となり、復旧まで5年かかるらしい。

このタイミングで行って置いて良かったと思う一方、亡くなられた方や被害に遭われた方のことを考えると、悲しくなる。

亡くなられた方のご冥福と、被害に遭われた方の1日でも早い復旧を心からお祈りいたします。

私もささやかながら寄付をさせていただきます。

能登半島、台湾・台東大地震、そのほかの寄付先のリンクを貼っておきます。

【さゆりTHERAPY】

心理セラピー・カウンセリングを行っております。
詳しくはこちら

  • ブックマーク