本屋の楽しみ

本屋に行くことが好き

本を買うとき『ネットでクリック』が多くなってきている。
欲しい本がすぐに見つけられて、本を探して本屋を転々と移動する手間も省けている。
注文したら翌日か翌々日に届くので非常に便利だ。

しかし、やっぱり私は本屋に行くのが好きである。
特に最近の大型書店などはワンダーランドだと思う。

本を探している最中に、店員さんの手書きポップでお勧めされている本を「うーん、どれどれ?」と手に取ってみたり
その手書きポップ自体がなかなかの力作だったりする。

目的の本を見つけたすぐ横に、「へぇーーこんな本も出ているんだ」と思いもよらない良い本に出会ったり、
目的も無く本屋に行ったとしても、ブラブラを本を眺めているうちに、自分が読みたい本のイメージが固まってきたり
たまには後から「なんでこんな本買っちゃったんだろう???」という時もある。笑

大型書店だと、イスやテーブルが置いてありじっくりと立ち読みならぬ座り読みも出来る。
まぁ大抵はそういう席は埋まってしまっている事が多いし、そもそもどうも立ち読みは落ち着かなくて好きではない。

私の場合は、感覚でパッパッと決めてしまう事が多いので、買った本を本屋に併設しているカフェに持ち込み、
家に着くのも待ち切れず、そこで読みふけってしまう。

写真は、良く行く書店のひとつ丸善OAZO。
丸善名物のオムハヤシを食べながらこの日も本を読みふけった。

スプーンの位置が不自然なのは、一口食べてしまった後、「あ。。写真撮るの忘れた」と気付き、食べた方を逆にしたからである。笑

本屋のカフェでゆっくり本を読む時間が、私にとっての至福の時間である。

<<この日買った本>>
この本を読んでいたら、キッチンの整理をしたくなった^^

広告




コメントComments Off
CATEGORY :