東京 一保堂 お茶の淹れ方教室にまたまた行って来ました。今回は番茶クラス

またまた一保堂の「お茶の淹れ方教室」に行って来ました。

前回の記事「ほうじ茶」の淹れ方はこちら

もう、すっかり一保堂のファンです。

広告

ほうじ茶と番茶はどう違うの?

前回は「ほうじ茶」、今回は「番茶」
さて?
ほうじ茶と番茶は違うものだと思っていました。。。

席に着いてテキストを開いて愕然としました。
ほうじ茶と番茶は同じなんです。
がーーーん!!!

いやいやいや。。
前回のクラス募集の時は「ほうじ茶の淹れ方クラス」と書いてあり、今回のクラス募集の時は「番茶淹れ方クラス」と書いてあったので、つい違うものかと。。

正しくは、番茶の中の種類の一つがほうじ茶なんですね。

まぁ、言い訳は置いておいて、せっかく来たのだから復習して帰りますよ。

講座スタート

詳しいレポートは前回の記事を読んでください。

今回はダイジェスト版でお送りいたします。

まずは、煎茶と番茶の試飲です。

次にほうじ茶の試飲。

そして、メインイベントの番茶の淹れ方のワーク。

今回のお茶菓子は『京華堂利保(きょうかどうとしやす)』の蕎麦薯蕷饅頭(そばじょうよまんじゅう)

秋が蕎麦の実の季節。
その蕎麦に自然薯を入れて作られたのが蕎麦薯蕷饅頭だそうです。
特に京華堂利保さんの薯蕷饅頭は定評があり、人気なのだそうです。


(残念ながら餡子の苦手な私は、、ギブアップしましたが)

感想とプチ情報

同じ内容で2度目となりましたが、忘れていたこともあり(ほうじ茶が番茶の仲間ということすら忘れていましたし。。)
復習出来て、今度こそモノにしたと思っています!

それと、餡子は苦手ですが、毎回違ったお菓子が出てきて、目にも楽しいものです。

プチ情報としては、
11月15日〜1月15日までの限定で「大福茶」が販売されます。
名前の通りお目出度いお茶で、京都の人は新年を大福茶を飲んでお祝いするのだそうです。

私も1缶買ってみました。
元旦に、丁寧に淹れて福を呼び込もうとおもいます。

詳しくはこちら

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告