京都駅 駅弁 ロースステーキ弁当:本格的ローストビーフがたっぷり入っていて1,000円以下のお買得!

いやもうビックリです。
東京駅や上野駅での、1500円前後の駅弁に慣れてしまっていた自分がなんでアホだったのか?!と衝撃です。
高くて美味しいものは当たり前。
安くて美味しいものを探し当てた時の喜びは何十倍ですね。

今回のお弁当はコレ
『ロースステーキ弁当』

広告

駅弁にはつきものの添加物を避けたいなおススメ

さっそく開けてみたいと思います。
ローストビーフに期待して、赤ワインも買ってみました。

お箸は内臓してあります。

紙のパッケージを開けると、いきなりローストビーフのソースとワサビが登場します。

このローストビーフ弁当のお肉には、ほぼ何も味付けはされていません。
ですので、このようにソースが別添付になっています。
もし、食品添加物を極力避けたいなら、このソースは使わない方が良いでしょう。

もうほんとに焼いただけビーフ!
ありがたや!

私は、ワサビだけで食べました。
ツーンと効く〜〜〜〜〜

このメーカーさんが、もしこのブログを読んでくれていたら塩・コショウの小袋をつけて欲しいです
しょうゆは品質がピンキリで、見た目しょうゆの「なんちゃって醤油」が駅弁界には多くはびこっていますので、シンプルに塩コショウを希望します。

新幹線改札内で買える

さて、このローストビーフ弁当ですが、新幹線改札内にあるお土産屋で買えます。
新幹線中央乗換口すぐそばの「古都みやび」の店頭にあります。

ただし、人気のためか、平日昼間15:00に到着した時点で私が買ったのが最後の一個でした。
このクオリティで980円というコスパの良さも人気なのでしょう。
ちなみにワインはミニボトルを買うとコップをつけてくれます。

お弁当が美味しいと、旅が何倍も豊かになりますね。

Have a nice trip!

この記事を書いた人

さゆりっぷ

さゆりっぷ

■ブログ紹介
管理人:さゆりっぷ
2013年7月8日よりブログ『Tomorrow is anotherday』をスタート!
2015年12月11日に『さゆりっぷ』にブログ名・ドメインともに変更。
好奇心が赴くままに、いろんなことにチャレンジして日々をEnjoy
お問合せはこちらへご連絡をお願いいたします。
koumepetitlis★gmail.com
(★を@に入替てください)
■自己紹介
さゆりっぷ
仕事:
【キッチンスタジオの運営】
詳しくはプロフィール欄をご覧ください。

こちら

広告