iPhone を失くした!そんな時にまずやる行動、やった行動『iPhoneを探す』アプリは心強い味方

『iPhoneを探す』アプリをONにしていた自分を褒めてあげたい!

iPhoneを失くしました。
毎日の生活や仕事で、様々なアプリを入れて日々活用してる最も身近なツールとなっているスマートフォン。

毎日のスケジュール
今日の「やりたいこと」リスト
チャットツール
メッセンジャーツール
お客様からの電話
メール
何か疑問が起きた時にすぐ調べるネット環境
カメラ
健康管理
・・・etc
さらに、docomoの20ギガ ウルトラパックでモバイルルーター代わりに使っていたため
ありとあらゆる面からスマートフォンに助けられています。

そんな大切なスマートフォン iPhoneを失くしてしまいました。
結局はタクシーの座席に忘れているということが判明し、昨日紛失して今日受け取りに行くことに。

紛失に気付いてから、タクシーの中では?ということに気づくまで5分。本当にあることが判明するまで30分。
いろんなラッキーな状況だったこともありますが、見つけるまでの経緯を残しておくことにします。

iPhoneが無いと気付いた時にまずとった行動

スポンサーリンク

私のキッチンスタジオがある浅草橋から、荷物が多いので3駅先までタクシーに乗りました。
自分の私物は、荷物で両手が塞がることを見越しての、ポシェット型斜めがけバック。
いつも、PASMOをポシェットの外ポケット。iPhoneはバッグ本体の中にしまうのが常です。
うっかりiPhoneを外ポケットに入れてしまったようで、タクシーの中ではiPhoneは使わなかったので、そこからするりと落ちてしまったようです。

駅に到着して、iPhoneを探そうと思ったところ無い。
うろうろその辺を歩き回って探したのですが、ある訳がないのです。

一緒にいた連れがiPhoneユーザーだったので、まずそこから『iPhoneを探す』という機能を起動。
アイコンはこれ

iPhoneやiPadを持っている人が、近くにいない場合はMacからiCloudから同じように探すことができます。

機能を起動したら、自分のApple IDとパスワードを入力。

すると、私のiPhoneの位置情報が地図上に表示されました。
位置は「江東区猿江」付近。
今、すでに見つかって『紛失モード』にしてあるため、ピンがグレーダウンしていますが、『紛失モードにする』前であればブルーのピンです。
この画面キャプチャは、家にあるMacからとっています。

この位置を見た瞬間に、何となくココでは無いか?と閃いたので、
タクシーを降りた時に貰った領収書を見ると、ビンゴ。
タクシー会社の住所とほぼ同じ。

もし、誰かが持って動き回っているとか、タクシーに乗せられたままで移動しているなら、地図上のiPhoneの位置情報は常に動くことになります。

『iPhoneを探す』の位置情報の画面の下に『紛失モードにする』というメニューがあるので、すぐにそれをタップ。
紛失モードにすると、Apple IDが登録しているメールアドレスにこのようなメールが届きます。

続けざまに、住所が書かれたメールが届きます。

領収書に書かれてあるタクシー会社へ電話し以下を伝えました。
・領収書に記載されている車番
・乗った時間と降りた時間
・乗った場所と降りた場所
・名前、すぐに連絡がつく電話番号

その10分後には、ちょうど乗ったタクシーが車庫に戻っていてすぐに探してもらえました。
私はiPhoneユーザーになった時から、会社内全員にiPhoneを配布されていて誰のiPhoneだか見分けがつかないことから、いつも目立つ齧りかけのオレオのストラップをつけています。
そのおかげで、タクシー会社の人に「オレオが付いたiPhoneですか?」と確認され、すぐにこちらも自分のものと分かりました。

打ち合わせが遅くまであり、すぐに取りに行けないことをタクシー会社に伝え、とりあえず一件落着。
その間、自分のiPhoneの場所を確認するまで5分、iPhoneが安全に保管されるまで約30分。

『紛失モード』には拾い主へ向けてのメッセージを、落としたiPhone上に表示させることができるので、
「このiPhoneは、落としたものです。○○-○○○○-○○○○へ電話してください」
などという伝言をすることもできます。

まとめ

いざという時のために

・貰った領収書は、捨てないで取っておく。
・iPhoneには誰にでもすぐに言える特徴のあるカバー、ストラップをつけておく。
・『iPhoneを探す』アプリをONにしておく。

失くしたらとる行動

・iOS(iPhone、iPad、Macなど)から、iPhoneを探すアプリで、所在を確かめる。
・『紛失モード』にする。

運よく、すぐにiOSが使える環境だったこと、
タクシーということが判明しすぐに所在がわかったので、
失くした割にはラッキーだった方だと思います。

まずは、失くさないことが一番かと思います。

よく会社の後輩に「大切なものには鈴をつけてくださいっ!!!」と叱られていたことを思い出しました。。。
私が持つ鍵には全て鈴がついていますが、iPhoneにも鈴をつけようかなぁ。。。
なんだかウルサイiPhoneになりそうなので、それは思いとどまることとして、
まずは失くさないように気をつけます。




スポンサーリンク