セーターの毛玉ケア「毛玉取りブラシ&仕上げブラシ」が大活躍

寒い日が続いております。
寒がりの私はセーターなどのウール製品を毎日の様に着ています。
今年は極力洋服を買わないチャレンジをしており、数は少ないけれどもお気に入りの洋服で過ごそうと思っております。

広告

毛玉はウール製品の悩みの種

どんなお気に入りでも着れば着るほど、どんどん毛玉が出来てくるのがセーターでの悩み。
毛玉は繊維の摩擦で出来、化学繊維が多く含まれるほど繊維が粗く、熱に弱いので毛玉になりやすいらしいです。
しかし、ウール100%だろうが摩擦で出来てしまうのが毛玉。

私を知る人は、このベストに見覚えがあるでしょうか?
この冬ベビロテしているベストです。
おしゃれでも何でも無いですが、おデブちゃんが着られる洋服は限りがあるので大切に着ています。

新しい物など買いません。メンテナンスして大切に着ます。
おデブになって知った過酷な現実。
おデブちゃんサイズはセールであまり値引きされないのです。
値引き前の価格も一般的なサイズより高めの設定。
すっかり足元を見られています。

新しい物など買いません。メンテナンスして大切に着ます。
来シーズンの今頃はすっかりスレンダーになって、このベストは着ていない予定だから。
ははははは。

しかし、すっかり毛玉だらけで可哀想です。
ベストも私も。

裏をめくってみると。。。

きゃーーーーーーーーっ
ぱたっ。ハァハァハァ。。。見てはいけないものを見てしまった。
裏側の毛玉はもっとすごいことになっていました。

そこで、毛玉を綺麗に取ろうと決意し、「毛玉取りブラシ&仕上げブラシ」を購入しました。

ちなみに、電動の毛玉取りは、毛玉以外の毛足を刈り取ってしまうため、ニットが薄くなるそうです。
場合によっては、毛玉取り機で穴を空けてしまうこともあるため、避けた方が良いそうです。

「毛玉取りブラシ&仕上げブラシ」セットの中身

2つの箱が届きました。

まずは一つ目の箱を開けてみます。

毛玉を取るための、ブラシ部分が太くて固い頑丈なブラシとなっています。
そしてもう1本は、毛玉取りブラシをメンテナンスする小さなブラシが入っています。
小さな方が、100均などで売っている、すり鉢の溝を綺麗に掻き取るワイヤーブラシそっくりです。

二つ目の箱には「白馬毛の洋服ブラシ」と書かれています。

白馬と言えば王子の愛馬ではないかっ!と勝手に妄想してしまいます。

毛玉を取ってみる

ベストを平らなところに置き、ブラシでこすってみました。
これでも取れます。

床に平行にブラシを擦るよりも、どうやら引っ掻いて手前に動かす方が、毛玉が良く取れました。

時間がかかるかな?と思っていましたが、思いのほかすぐにきれいになりました。
まぁ、毛玉の程度にもよると思います。

途中、毛玉取りに毛が詰まったら、ワイヤーブラシで取り除きます。

劇的Before & After

Before

After


どうです?奥さん

Before

After


どうです?お茶の間のみなさん

最後の仕上げは、仕上げブラシ

最後はその名のとおり、仕上げブラシで表面の毛並みを揃えます。

すっかりきれいに生き返ったベストです。
これでまだまだ寒い今シーズンを乗り切るために、着倒しますよ。

全体で取った毛玉はこれぐらいです。
本当に不要なところだけを取り除いたので、実際の量はこんなに少ないのです。

2017年が始まったばかりですが、今年のベスト・バイの一つに挙げられる一品です。


私はこちらの、毛玉取りブラシと仕上げブラシのセットを買いましたが、それなりにお値段が張るので、毛玉取りだけのものもあるようです。
こちらは少しお安めになっています。

買った洋服は大切にケアしながら、長く着ましょう

フランス人は服を10着しか持たないと言います。

自分に似合う洋服を、大切に着回しするそうです。
大切に着回しして、50回着れば 20,000円だった洋服ならば1回400円
100回着れば1回200円です。

5,000円の洋服を数回しか着なかった場合は、1回当たりのコストは20,000円の洋服よりも高くなります。

どうせなら、良い物を長く着たいですね。
そのためのケアをやれば、もっともっと着れるのです。
使えるのは1着のセーターだけでは無いので、ブラシを買った分の元は十分取れると思います。

洋服のケアをしっかり行って、お気に入りを大切に長持ちさせたいです。

広告