自己肯定感が下がっていたならば、周りの人に自分の強みを聞いてみよう

広告

2017年で一番嬉しい出来事

2017年が始まってまだ、一ヶ月も経過していないのですが、
2017年が終わる頃「今年一番の出来事」と自信を持って言えることが起きました。

嬉しい出来事が起きる前には、実は精神的泥沼に落ち込んでいたのです。

精神的に追い込まれたら「一人自分会議」

1月が始まってから、キッチンの仕事も順調でした。
そう、、、”でした”

落ち込んだ理由

<1つめの理由>
私の運営するキッチンスタジオのレンタル12月の末ぐらいから何件かレンタルのご予約をいただいていたのですが、キャンセルもありました。
先にご予約頂いていて、そのために日程が合わずご予約ができなかったお客様もいたのに、それからのキャンセル。
つまり、ダブルでキャンセルとなってしまったケースが起きたこと。

私としては、リピーター様を大切にしたいという方針で運営しているので、
お断りした方が、リピーター様だっただけに落ち込みます。

<2つめの理由>
1月からスタートした「甘酒クラス」
こちらのお申し込みが伸び悩んだこと。
自分の告知も追いついていなかったことも考えられます。
では、なぜ告知を疎かにしたのだろうか?と過去の自分に対して深掘りしていました。


それでも、数名お申し込みを頂戴したのですが、入金処理をされずに全員キャンセルされたこと。
今使っているイベント申し込み用専用のサイト。
キッチンのイベントへお申し込みされるお客様が、女性が多く銀行振込を希望されることが多いのです。
この申し込み専用サイトの銀行振込の処理が少々お客様側としての手間がかかることで、今まで何人か入金処理ができず参加されなかった方がいらっしゃったのです。
しかし、その対策が後手後手に回り、今回の結果になってしまったこと。

落ち込んだ時は一人反省会

この2つの一人反省会、一人作戦会議をしていたところ、
考えれば考えるほど、落ち込んで行きました。

でも、落ち込んでいてもしょうがないのです。
何か対策を打たねばと。

しかし、自分が不得意なことで対策を立ててもしんどいばかりです。
例えば社交的でない人が、新しいコミュニティに飛び込んでいって、自分の仕事をPRできるでしょうか?
それは難しいと思います。

逆に社交的で対外的なことが得意な人が、一人黙々とデータ分析するなどできるでしょうか?
それは出来たとしても、本来の良さが生かされていないと思います。

でも・・・私の良さってなんだろう?

そんな疑問にぶち当たったのです。

SNSで問いかけてみる

自分では自分の良さがサッパリ分からないのです。
自分の姿は鏡を使わないと見えないように、自分を映し出すものはなんだろう?と考えた時に思いついたのが、自分を映す周りの人たちの瞳が思いついたのです。
自分を客観視するお手伝いをお願いしてみよう!

「私の強みは何ですか?」

そうSNSで問いかけてみました。

すると、たくさんのコメントを頂きました。
ありがとうございます!!!
自分では自分のことを低く低く評価してしまいます。

しかし、書かれたコメントはまるでお誕生日と盆と正月がいっぺんに来たみたいに、嬉しくて温かくで励みになる言葉の数々。
自分で思いもよらない言葉がたくさん頂けて、今年一年分のエネルギーをチャージしてもらいました。
2017年、どんな辛い時があっても、どんなに落ち込むことがあって、その度に頂いた言葉の数々を読み直して、再び立ち上がり私らしくどんどん突き進んで行こうと思います。

嬉しいお言葉を頂戴した皆様、ありがとうございました。
今度は逆に「皆様の強み」をお伝えしたいなと思ったほど嬉しい出来事でした。

広告