タカノフルーツパーラーの「岡山県産白桃のパフェ」 見目美しいデザート

果物の中で桃が一番好きです。
初夏から、市場から消えるまでの数か月、狂ったように食べまくります。

普段、なるべくスィーツの豊富なところは近づかないことにしていますが、”桃”も一文字を見てしまうと、まるで魔法にかけられたみたいに、お店に吸い込まれてしまいます。

新宿に行ったついでに、新宿高島屋5階にあるタカノフルーツパーラーに行ってきました。

日曜日の夕方17:00ごろ、夕飯前ということもあり、デザートを食べる人も少なくすんなりと席に就けました。

程よく混んでいる感じです。
この店内、とっても冷房が効いていて、、、この涼しさの中でアイスの入ったデザートを食べるのか???と少々躊躇しました。
しかし、桃の季節は待ってくれません。
寒さ覚悟で「岡山県産白桃のパフェ」をオーダーしました。
「白桃と黄桃のパフェ」もありましたが、白桃のジューシーな果肉を想像すると、よし今回は”白桃”オンリーで行こう!と決めました。

そして、席に運ばれたのがこれ。

金額は1,800円(税込1,944円)

桃は半個分。ピンポン玉くらいの大きさのバニラアイスと桃のシャーベットが1個ずつ入っていました。
グラスの中はジュレとかムースとか。

”桃のパフェ”というよりも、”パフェに桃がトッピング”というのが印象です。
桃好きには「やっぱり1個盛りをして欲しい」ところです。

それと、桃は温性の果物で、珍しく体を温めてくれる食材です。
せっかく温めてくれる果物なので、アイスかシャーベットどちから1個だけにしてもらえると、桃の効能が生かされる気がしました。
食べ終わったときは、冷房もよく効いていたので体がキンキンに冷えてしまいました。
汗かきの男性には良いかもしれませんが、女性は冷えには注意しましょう。

広告