2019年新年会「一年の計は元旦にあり!2019年飛躍したい人集まって みんなブログ書こう と言う名の新年会」を開催

毎年元旦恒例の「一年の計は元旦にあり!2019年飛躍したい人集まって みんなブログ書こう と言う名の新年会」を開催しました。

広告

その年それぞれ個性のある新年会

この「毎年元旦恒例の「一年の計は元旦にあり!2019年飛躍したい人集まって みんなブログ書こう と言う名の新年会」は、キッチンスタジオ Kitchen Beeがオープンしてから開催していますので、4回目となりました。
毎年それぞれ、思いも寄らないいろんな楽しいことが起きます。

この新年会をきっかけに、彼女との結婚の報告をご両親にした人あり。
元旦がお誕生日の人のお祝いをしたこともあり。
日本橋茅場町のコワーキングスペースのオーナーさんが遊びにきてくれたときもあり。
ギュウギュウ詰めになるほど参加者が多かった年もあり。

2019年はどんな新年会だったかというと、ブログをちゃんと書いている年であり、内容の濃いい会となりました。
ブログを書く人は奥の部屋でもくもくと書きますが、飲みたい人・食べたい人・喋りたい人は、キッチン側で盛り上がっていました。

今年は、おせち料理に加え、みんなですき焼きをつつきながら、飲みたいお酒を好きな様に飲むという、アットホームな雰囲気。

参加された方は「初参加」の人も多く、食卓をかこみながらおしゃべりをしていたら、あっという間に打ち解けて大盛り上がり。

そして、今回もご参加いただいて、おもしろ・トークを炸裂してくださったのが、ブログ「モンハコ」の和田さん。
Kindle本の著者で、著書は常にAmazonで1位2位のすごい人なのに、みんなの話題の中心になっていました。

元旦は初笑い

元旦に、仲間が集まって大笑いする時間というのは、いいものですね!
自分の考えていることや、未来に向けての新しい発想を受け入れてくれる場所があるというのは、居心地が良いものです。

自分ネタを披露:さゆりっぷ的「会社を辞めたことをどうやって親に伝えたか」

新年会で、参加者さんのおひとりが「会社を辞める時に、親に伝えにくかった」という話しを聞いて、自分の体験談を話して大笑いしました。
さゆりっぷ的「会社を辞めたことをどうやって親に伝えたか」
大笑いした話しのうちの、自分ネタをおひとつ披露してみましょう。

2015年6月末に、一部上場企業である大手通信会社を退職しました。
7月からは晴れて自由の身。
そこで前々から行きたかった、奈良県信貴山にある断食道場へ行っていました。
せっかく関西に9日間もいて、断食道場は行き先さえ伝えれば外出も自由でしたので、大阪に住んでいる末期の乳ガンと闘っていた叔母のところに、足繁くお見舞いに通っていました。
病院に通うたびに、叔母の姉である自分の母親に電話で伝えていました。
母は遠方なので、なかなかお見舞いに行くことできないからです。

そして、断食の期間の終わりで関西にいるタイミングで、叔母は息を引き取りました。
私は、梅田の阪急デパートで、お通夜とお葬式に参列できる黒いスカートとブラウス、カーディガンを急いて買い求め、黒のパンプスだけは、虫の知らせか、なぜか持ってきていたので急場がしのげました。

お通夜のある日、父親と母親が来阪しました。
諸事情もあり、お通夜とお葬式の手配をすべて両親が行い、そしてしんみりとしたお通夜の夜。
母親がおもむろに私に言いました。
母「ところで、あんた。会社辞めたの?」
私「あれぇ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?バレてた?あははははははははははははは」
母「だって、暇そうにずっと関西いるやん。あははははははははははははは」
私・母「あははははははははははははは」
-父は黙って、ちょっと笑いながら聞いているだけ-

そうですよ。
言いにくいことは言わなくても伝わるんです。あははははははははははははは

親戚からは「なかなか手に入らないキャリアを捨てたのか?」とか辞めたあとにいろいろ言われましたが、もう辞めたあとのことだし、辞めるのは”私のこと”だし、何も迷惑をかけているわけじゃありませんから。
私の人生を私の自由にして何がご不満なのか、さっぱりわかりません。

私の、過去のプライベートな元旦の夜は、毎年親戚が集まっての新年会でした。
しかし、こうなんて言っていいのでしょうか・・・。例えば、このようにブログを書いて、世界に向けて情報発信することすら否定されてしまうような、頭の固すぎる人たちと過ごす時間というのは、息苦しいものがありました。
いくら噛み砕いて説明しようとも、”自分の世界がすべての人”にとっては、宇宙人同士の会話のようになってしまって、映画「マーズ・アタック」の火星人の様に、相手を倒してしまいたくなる気分になります。
なるべくドリームキラーのいないところに生息していたいですね(笑

気のおけない仲間と大笑いできる元旦が、すっかり、そしてとても気に入っています。
飛躍するためには、自分で自分の人生を生きることだと思います。

今年一番の大笑いを、ご参加された皆まさ、ありがとうございました!!!

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク