少女の写真と風邪と自分勝手な脳みそ:日記 2017/7/1

この日記を書こうと思って、適当な写真が無いのか?iPhoneの中を探していてら、フリー画像の少女の写真が何枚か出てきた。

なぜ、少女の写真が何枚もあるのかと言うと、先日退任した某コミュニティで、とある大型書店の茨城にある店舗で”夏休み親子イベント”を開催するためのポスター作りの素材探してをしていたからだ。
先月、茨城方面へ何度か行っていたのもこの打合せのためだ。

少女のフリー画像というものが本当に無いのだ。
ようやく見つけても、年齢が低くてNG
上の写真は若くてNGとなった写真。
イベントの対象年齢が10歳以上の小学生とその親御さん。
写真1つで、興味を持ってもらう相手も変わってくるため、画像選びは慎重になる。

なぜ、10歳以上の少女の写真が無いのか?
おそらく児童を保護する法律のため、
・まず撮ることが難しい。
・撮れても無料でネットに流れない
ことではなかろうかと思う。

結局、とあるレストランチェーン店でアンケートに答えると、10歳以上と思われる少女の画像がダウンロードできた。
なぜにレストランチェーン店??
全く摩訶不思議なティーンエイジャーの世界である。

広告

風邪を引いて出鼻を挫かれる

風邪を引いてしまった。
松島の夜が少々冷たかったのに、真夏向きの舐めた格好で行ってしまったことと、仕事が少し軽くなったことで身体が緩んだのだろう。
風邪は滅多に引かなかったのに、激太りしてから風邪をひきやすくなった。
7/1からもっと身体を動かして絞りたいと思った矢先の発熱である。すっかり出鼻を挫かれてしまった。
朝起きた時に、頭がボーッとして身体が寒い。
寒いので、お風呂に入ったら40度の湯船がぬるく感じた。42度に上げてもぬるいが、身体がようやく温まった気持ちになる一方、頭はボーッとする。
ボーッとする意識の中で「ああ、きっと熱は出てるな」と感じる。
しかし、現実を知って”熱が出てしまったのだ”と気持ちが萎れるよりかは、知らない方が良いと、熱を計らずに過ごす。

昔は、熱っぽいなぁと思ったらバレエのレッスンに行って思いっきり汗を出して、その後サウナに行って思いっきり汗を出して、すると翌日はケロッと治ってたものである。
今では体力が落ち、よく風邪を引くようになり、全くデブとは損なものである。

自分勝手な脳みそ

ボーッとしている中で、お昼頃にカード会社から携帯にSMSで連絡が来た。
「なんか、アタシ、誰かに騙されてる?」とSMS自体を疑ったものの、ググってみるとそのSMSの番号は確かにカード会社のものであることが確認出来たので電話をしてみた。
不正利用確認だそうだ。
しかし、熱でボーッとしていて全くもって正しく機能していない脳みそである。
何を言っているのかよく理解できない。
午前中のぬか床クラスは、自分自身が楽し過ぎてアドレナリンだけで何の支障も無く開催出来たのに、何だか自分の都合の悪そうな事になると、うまく脳みそが働かない。
脳は結構自分勝手だな。

午後からセミナーもあるので、カード会社に夕方ゆっくり電話すると伝えて切る。

夕方頃になると、ボーッとしていた感覚が抜け「熱が下がった気がする」と感じるようになる。
熱がある時は身体は意外とシャキシャキ動けていたのに、熱が下がると身体の方が重くてしんどい。
意識が発熱の症状ばかりに向いていたが、熱が下がったことによって、身体の症状の方に意識が向かうようになったのだと思う。
脳は結構自分勝手だけど、体のしくみは本当に上手く出来ている。

さて、カード会社の一件。
手間がかかると言う点では大変だったが
日本のカード会社は本当に素晴らしく優秀だと言うことに気付かされる。
この顚末はまた改めて記事に書こうと思う。

広告




CATEGORY :