宮城 仙台「海の台所 波奈」:仙台初心者が手軽に海の幸を堪能できる店

前日から宮城県に来ています。
今日もたびの空。

宮城に来てから、驚かされることばかり。
松島海岸の温泉ホテルで、生まれて初めて食べたホヤが、気絶するほど美味しかったのです。

温泉ホテルのバイキングなので、味は一切期待して無かったのに、塩蒸しされたホヤは見事に私の期待を裏切って、思わず「美味しい!」とSNSに呟いてしまったほどなのです。
この世で一番好きな食べ物は「アサリ」なのですが、そのアサリの旨味を何倍にも凝縮した旨味が口の中に広がりました。

その私の呟きを読んで何人かがコメントしてくれました。
地元で食べる鮮度の良いホヤは美味しいのだそうで、東京の居酒屋でのホヤはハズレが多いとのこと。
それならば、宮城にいる間にホヤを食べたいと思って、仙台の街を彷徨う、、、ハズだったのですが!

なにせ、事前リサーチなど全くしておらず、またGoogle先生に聞いてもどこぞのグルメサイトばかり表示されて、まさに玉石混淆。
そこで開き直って、駅ビルの中を探検することにしました。

駅ビルの中で見つけたのが「海の台所 波奈」(はな)エスパル仙台店

仙台市青葉区中央1-1-1
エスパル仙台店B1
022-227-8754
営業時間 11:00-23:00

広告

三陸の海の幸が余すところなく凝縮された海鮮丼

この「海の台所 波奈」は、仙台市内に、仙台店、仙台パルコ店と定禅寺通店と4店舗あるようです。

店内に入ると日本酒がズラリ。
宮城はお酒が美味しいことでも有名です。

11:30に店内に入った時には、テーブル席はほぼ埋まっていました。
観光客もいますが、荷物の少ない地元っぽい人もいます。

SNSのコメントにホヤの塩辛も美味しいと教えてもらったので
まずは赤ホヤの塩辛をオーダー

490円

クラクラするほど濃厚な旨味

そして、迷いに迷って選んだのは海鮮丼


1,650円

あります!ホヤ
入ってます!ホヤ
ホタテも、ウニも。

これで満足してはいけません。
隣の席の人が注文した、日替わり定食にはお刺身・海鮮天ぷら・潮汁。
その潮汁の大きさが普通のお椀の1.5倍。出汁の良い香りが私の所にも届いてきます。

胃袋が一つしか無いのが口惜しいです。

まとめ:旅行者が手軽に、宮城の海鮮を楽しめる

自分としては、このお店はヒットだったと思います。
ホヤも食べられて、お魚はどれも新鮮で美味しい!

しかし、地元の人からすると「これぐらいで唸っているようでは仙台を解っていない」と叱られそうです。
そうです、全く解っていません。
もっともっと知りたいですねぇ。

なので、また小金を貯めて仙台に足を運ぶことにします。

なんてったってこんなに手軽に美味しいものにありつける街なのですから。

広告