旅の空の下から -高知編 Vol.15-  高知への旅のまとめ

広告

旅の記録のまとめ

気付けば15回に渡って、高知県への旅の記録をポストしました。
最後にまとめてみました。

四万十川

旅の空の下から -高知編 Vol.1-四万十川 カヌー館

旅の空の下から -高知編 Vol.2-四万十川 カヌー館のキャンプ場

旅の空の下から -高知編 Vol.3-四万十川を遊覧船で楽しむ

旅の空の下から -高知編 Vol.4-四万十川 川下り

旅の空の下から -高知編 Vol.5-愛媛県松野町「末廣」で四万十川の天然うなぎを食べる

旅の空の下から -高知編 Vol.6-四万十川の沈下橋

太平洋側&高知市内

旅の空の下から -高知編 Vol.7-太平洋側を望む公園 土佐西南大規模公園

旅の空の下から -高知編 Vol.8-ひろめ市場は高知観光にははずせないグルメスポット

旅の空の下から -高知編 Vol.9-高知市から室戸岬へ向かう。道の駅と室戸ジオパークに感動

 

室戸岬

旅の空の下から -高知編 Vol.10-星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパに泊まる

旅の空の下から -高知編 Vol.11-星野リゾート ウトコ オーベルジュ&スパの室内

旅の空の下から -高知編 Vol.12-ウトコ オーベルジュ&スパディナー

旅の空の下から -高知編 Vol.13-ウトコ オーベルジュのタイフーンテラスで眺める夜明け

旅の空の下から -高知編 Vol.14-室戸ジオパーク 海岸を散歩する

お土産は・・・

高知の旅もあっと言う間に終わりました。
夢のような時間でした。

そろそろ東京に戻る時間になりました。
高知名物はたくさんあれど、私は絶対に自分へのお土産はこれにしようと決めていました。
それは「土佐文旦」
ウトコオーベルジュ&スパの朝ごはんで食べた途端にもう絶対に買って帰りたくなりました。
グレープフルーツよりも一回り小さいです。
ジューシーさと甘さはグレープフルーツよりもベタベタしていなくて美味しいのです。

何よりもビックリなのは、皮を剥いた後、この白い部分も美味しいのです!!!
柑橘系の果物の場合、表皮と実の間の白い部分は苦味があるので通常取り除きます。
しかし、、、こんなに白い部分が肉厚。でも美味しい。
ただし種はいっぱい入っていますので、食べる時は注意してください。

なぜこの白い部分がたくさんあってしかも美味しいと嬉しいのかと言うと、
この部分はペクチンを多く含んでいます。
ペクチンは、ゼラチンや寒天を使わないでも物を固める機能を持っています。
しかも、保湿を助ける成分ともなります。
つまりお肌の保湿力を高めてくれる機能があります。

例えばこれは、国産無農薬のレモンで作ったジャムです。
砂糖は一切使っていません。しかし、果物を長持ちさせる上にペクチンの成分で固まってくれます。
砂糖が無いとジャムが作れないと思っているのは間違いで、良質なペクチンが多くある柑橘類は砂糖が無くてもジャムが作れます。しかも、お肌に良いのです。

美味しくて、そしてお肌に良い果物「土佐文旦」
これは絶対にお土産にしなくっちゃ。
土佐文旦は高知県のあちらこちらで売っているのを見かけました。
もちろん、高知空港でも売っていましたので私は空港で買いました。
かさばってしまいますが、お土産にぜひおススメです。

最後に

高知県に滞在したのは2泊3日でしたが、気付けばVol.15までの長い記録になりましたw
高知県のスカッとした気風や自然が私は大好きです。
何度も何度も訪れたいところです。
たぶんまた、行っていると思います。その時はまた違った角度で高知を愉しもうと思います。
最後まで読んで頂きありがとうございました。

広告