東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”(オンラインもあります)にて、発酵食クラス&九星気学講座を開催しています。

詳細・お申込みはこちら

金沢:気軽には入れてしっかり美味しい「あかめ寿し」

金沢に行ってきました。

金沢在住のの友人に、次々と美味しいところに連れて行ってもらい、幸せな日々でした。

それなりのお値段のするところはもちろん美味しいですが、金沢には「安くて美味しい」お店もたくさんあるのです。

今回連れて行ってもらったのは「あかめ寿し」さん

〒920-0853 石川県金沢市本町1丁目9−15

076-263-9787

鋭い方ならお気づきかもしれませんが、なんと「日々魚数寄 東木(ひびさかなずき とうぼく)」さんの斜向かいです。

広告

北陸の”美味い”があれこれ楽しめるお寿司やさん

名前が「あかめ寿し」さんなので、お寿司屋さんかな?とたいてい思うでしょう。

暖簾をくぐってみると、一品メニューがずらりと壁に貼ってあります。

もちろんお寿司メニューもあるのですが、断然一品メニューの方が多いのです。

もうね、居酒屋さんなのか?お寿司屋さんなのか?迷うぐらいに(笑

では、どんどん一品メニューをオーダーしていきましょう。

北陸に来たらのどぐろは外せないでしょう。

昔、金沢在住の友人に言われたのは、金沢でも観光客向けに「のどぐろあります」と掲げて、でもパサパサの質の悪いものを出すところが増えている、ということ。

なので、お店の入口に「のどぐろあります」と書かれても用心するようになりました。

では、どうやって美味しいのどぐろに有りつくかというと「地元の人にお店を教えてもらうのが一番」という事。

今回は、まさにハズレ無しのジューシーさでした。

活かわはぎ
加賀野菜の金時草
小坂れんこん饅頭

感想

地元の「美味しい」をたらふく堪能しました。

おそらく食事だけだったら、「会席寿司メニュー」ぐらいのお値段、7000円前後ぐらいだったでしょう。

しかし仲間たちと楽しすぎて、そして北陸のお酒が美味しすぎて、お酒が進み過ぎました(笑

最後のお寿司が食べられないぐらい飲みました、はい。

この日もあれこれ飲んで、トータル1升瓶は軽く空いております。

(飲み代が高くついてしまいました)

けれど良いお酒というのは、翌日まったく残らない。

そして、途中から何食べたのか記憶にまったく残ってない。

飲みすぎなければ、まぁまぁお手頃なお値段で北陸の名物をいただけます。

駅からも近いし、

「あかめ寿し」さんの周りにはお手頃価格のホテルもたくさんあり、

この辺りを拠点に金沢を巡るのにも良いところです。

そして、食事に迷ったら「あかめ寿し」さんへGo!

【さゆりTHERAPY】

心理セラピー・カウンセリングを行っております。
詳しくはこちら

講座開催 予定

  • ブックマーク