上野駅 駅弁:浅草 今半「すき焼き重」牛肉の柔らかさとジューシーさが際立つお弁当

金沢へ向かいます。
出発駅はたいてい上野駅となります。
改札内で駅弁を買うと、似たようなものばかりになるので、最近はエキュートで買うことが増えています。
山手線から新幹線の際に「公園口」の方向に向かい、そのまま上野エキュート内に向かいます。
上野エキュートから新幹線乗り場への移動も、東京駅よりも混雑は少なく、わりと楽に新幹線ホームに行けることも気に入っています。

広告

エキュート内の浅草 今半の売り場でお弁当を買う

さてさて今回は、東京 浅草のすき焼き「今半」のお弁当をチョイス。
浅草 今半は1895年(明治28年)創業の、知る人ぞ知る老舗。江戸っ子憧れのすき焼き屋です。

そのすき焼きが手軽に食べられるという、幸せが詰まった1,450円(税込)です。

▼包装やお弁当箱が簡素なところも気に入りました。「中味で勝負」という意気込みを感じます。

▼牛肉とお豆腐がお行儀よく並んでいるところも素晴らしい。

感想

一言で言うと「美味しい」
お肉はとても柔らかくジューシーです。
少し濃いめの味付けも江戸っ子好み。

ひとつ気になるのは、野菜が足りないところ。しかし、売り場は上野エキュート内。今半のすぐ後ろのカウンターR1/fでサラダを購入できます。

栄養バランス良く食事ができるところも良いですね。

新幹線の車中で長野ワインを購入して、お肉と赤ワインのマリアージュに舌鼓を打っているうちに、もう金沢へ到着です。

幸せな気分になれる、お弁当でした。

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク