イイダ傘店 オーダーした傘が届きました

イイダ傘店のファンです。
イイダ傘店は、店頭販売はしていません。ごくまれにギャラリーで展示即売会をするぐらいです。
展示即売会も頻繁には行われていないために、買えるチャンスが少ないことと、たいてい良いなぁと思う傘はすぐに売れてしまうので、滅多に買える機会が無いです。

そのため、今回はオーダーしてみまして。
以前、日傘をオーダーしたことはありましたが、長傘というか雨傘は初めてのオーダーでした。

広告

オーダー出来るタイミングとオーダーの仕方

イイダ傘店は年に2回展示会を行います。
春と秋です。
春は日傘がオーダーでき、秋は長傘がオーダー出来ます。
2015年は10周年記念ということで、秋のオーダー会でそれまでの10年間でデザインした傘が一同に展示されて、季節を問わずオーダーが出来ました。

気に入った柄が無いと次にオーダー出来るのは1年後です。過去の気に入った柄からも選べるということで、選択肢が広がるこのチャンスは逃してはなら無いと思って2015年9月に展示会に行ってきました。
こちらの記事をご参照ください

日傘・雨傘 アーカイブ展「平成二十七年秋」

この時に、傘の長さ・デザイン・柄のかたちを選んで注文します。
費用は事前に銀行振込をするか、カード決済の2択です。

注文が終わったら、出来上がるのを待ちます。

オーダーした傘が到着

2015年9月の末にオーダーしました。そして届いたのが、2015年11月末。
約2カ月かかりました。

柄は紫陽花モチーフです。
同じ柄の水色もありましたが、派手でも無く地味でも無いそして、好きな色の一つである紫を選んでみたのです。

オーダーメードの手作りですので、同じ柄の布があちらこちらに使われています。
壊れたら、イイダ傘店に連絡して修理もしてくれます。
1本の傘の値段は27,000円と今まで生きてきて一番最高額の傘です。
しかし、最近は値段で物の良し悪しを決めるのではなく、最高に気に入っているか否かで決めようと思っています。
また、無くさず修理をして使い続ければ、1本500円の使い捨てビニール傘を1・2回使って捨ててしまうより、100回・1,000回使えばコストパフォーマンスは良くなります。
そう!1,000回使えば1回27円です。

柄は長めの、ダークブラウンを選びました。
紫色と相性がよさそうなところと、私はよく腕に傘を引っかけるので曲がった柄のものを選びました。
タッセルが付いているところが、品があって気に入っています。

1,000回と言わず、10,000回でも使っていつまでも大切にしたいです。

2016年のイイダ傘店の展示会情報

今年は春の展示会は無いそうです。

展示即売会と秋の展示会だけのようです。
こちらをご参照ください

2016年のスケジュール

ぜひ、一生ものの傘を見つけてみてください。

広告