日傘・雨傘 アーカイブ展「平成二十七年春」~ イイダ傘店10周年記念 ~

日傘・雨傘 アーカイブ展「平成二十七年春」は大盛況

 

広告

イイダ傘店とは

 

イイダ傘店』は店舗を持っていません。

 

展示会でのオーダー注文となります。

春と秋とに展示会があり、その時に生地と柄と傘の先端をどのデザインにするか決めて注文します。

注文して出来上がるまでは、1か月ほどかかります。

なので、”今、雨に降られたからすぐ買いたい”という訳にはいきません。

展示会の直後のみ期間限定で、サイトでのオーダーが出来ます。

 

ひとつひとつ手作りで仕上げられます。

 

お値段はその分高いですが、壊れたらお店に連絡すると修理をしてくれます。

また、自主的ではありますが、定期的にメンテナンスに出して手入れをすれば一生使えます。

 

使い捨ての様に傘を無駄に買って知らない間に無くしてしまう物とは、まったくの別物となります。

 

『イイダ傘店』とは、過去記事もご参考ください。

・イイダ傘店 2014年春 日傘展

・イイダ傘店 2014年夏の傘展 スパイラルマーケット

・イイダ傘店 スパイラルマーケット丸の内 KITTEイベント

 

日傘・雨傘 アーカイブ展「平成二十七年春」

 

この春の展示会は、10周年を記念して「アーカイブ展」となりました。

アーカイブ展とは、この10年でイイダ傘店が発表し続けてきたデザインを、一堂に会して選べる企画展です。

 

例年だと、その年のデザインが発表され、それを逃してしまうと注文は出来ないのです。

後になって、欲しかったデザインを買い求めようと思ってももう買えません。

 

今までに無い、初めてのアーカイブ展。

これまでのイイダ傘店の足跡を辿ってみることが出来る展示です。

 

 

展示会初日に行ってみた

 

展示会の東京会場の日程は、2月28日(土)~3月7日(土)

その初日に行ってみました。

 

今回の会場は、ライトボックススタジオ青山 です。

展示会はセンスの良いギャラリーやカフェ、雑貨ショップで開催されることが多いですが、今回は貸しスペースです。

しかし、やっぱりオシャレなスポットでした。

 

 

少し古いけれども、青山らしいおしゃれ感の溢れる入口の階段を登って行くと、初日の土曜日でもあり、店内のざわめきが外まで聞こえてきました。

ウキウキした雰囲気が伝わってきます。

 

店内はとにかく、傘

 

傘。そして、大勢のお客さんでにぎわっています。

 

手前の椅子に座った濃紺のジャケットを着ている男性が、イイダ傘店の店主、飯田純久さんです。

 

雨傘もあります。

女性向けだけでなく、男性向けデザインの傘ももちろんあります。

 

傘のデザインは、可愛い物もあれば、

まるで和傘のような落ち着いたデザインもありました。

 

展示会会場は、”お祭り”風にコーヒーカウンター(有料)が設けてあり、コーヒーを楽しみながら展示を観る事ができます。

男性が持っている傘は、イイダ傘店でオーダーした傘です。

 

展示会に、オーダーしたことのある傘を持って行くと、プレゼントを貰えるのです。

 

傘以外にも、傘と同じデザインのグッズの販売もしています。

 

窓際には10周年を記念したフラワーアレンジメントが置いてあり、ミモザをベースにしアレンジです。

真ん中に「10」の形のロウソクがまるでバースデーケーキのよう。

 

それにしても、、、この窓辺、商品が無くて寂しいなと思ったら理由がありました。

 

イイダ傘店 × 山野辺 彩 コラボ作品

 

今のトキメク 山野辺彩さんとイイダ傘店のコラボレーションされたお皿が展示即売されていたのです。

 

山野辺彩さんは、陶芸作家です。

陶芸で有名な、栃木県益子市で創作活動をされています。

その絵付けのデザインが、今若い女性たちに人気が高いのです。

今回のイイダ傘店では、そのコラボレーション企画として、山野辺彩さんのお皿がこの展示会場で売られていたのです。

 

 

私が到着した16:00頃は全て完売でした。

 

販売されるのは、全部で90枚ほどだったようです。お一人1枚まで買えるそうです。

 

・2月28日(土)40枚程度

・3月1日(日)30枚程度

・3月2日(月)20枚程度

 

価格は6,700円~10,370円(税込)

 

私も実物を初めて見ましたが、きゅんきゅんするぐらい可愛いデザインでした。

 

展示会開催情報

 

さて、私は傘を買ったのか?と聞かれると、この場では買いませんでした。

一通り全デザインの傘を見て、柄のパーツも選んではみたのですが、初日とあってオーダーをする人が多く、オーダーカウンターが混雑していたからです。

 

別の日にまた来る、という選択肢もありますが、欲しいデザインとサイズと把手の形は展示会で実物を見て決めたので、ホームページ受注であらためて注文しようと思います。

 

いきなり、サイトで買うよりもやはり展示会場で直接品物を手に取ってみることは大切だなと思います。

 

東京会場

開催日 : 2/28(土)~3/7(土)

時間:11:00-18:00 ※3/2月曜休み

開催場所:ライトボックススタジオ青山

東京都港区南青山5-16-7

 

京都会場

開催日: 3/10(火)~3/16(月)

時間:10:00-22:00(最終日は18時マデ)

開催場所:恵文社 ギャラリーアンフェール

 

神戸会場

開催日: 3/27(金)~3/30(月)
開催時間:11:00-20:00  (最終日は18時マデ)

開催場所:トリトンカフェ

 

福岡会場

開催日 : 4/2(木)~4/6(月)
12:00-19:00 (最終日は17時マデ)

開催場所:アートスペース・テトラ

 

ホームページ受注

ホームページ

あの記事の手触りや細かい刺繍の緻密さ、可愛さ。取っ手の持ち易さを是非体験した上で購入を決めることをおススメします。

 

ビニール傘から卒業して、マイフェイバリット・アンブレラを持ってみませんか。

使い捨ての時代はもう終わりです。

 

 

 

 

 

広告