週間ブックレビュー 2015/08/03-08.09

広告

今週読んだ本

今週は移動時間が長く、読書時間があったのに2冊で終わったしまいました。

大竹 真一郎
ワニブックス
売り上げランキング: 76,951
藤野 英人
講談社
売り上げランキング: 1,168

腸の「吸収と排出」が健康の10割

非常に読みやすかったです。
「AとB、どちらが腸に良い食べ物」と、2つのアイテムを比較して、良い理由を分かりやすく説明してくれています。

「お金が貯まるのは、どっち!?」

菅井敏之
アスコム
売り上げランキング: 970

の様に二択で比較している本が最近ウケが良いように思います。

身近な例を挙げて比較してくれるので、最初のベイビーステップが踏みやすい内容。
即実行しやすく、行動へつなげやすい本でした。

投資家が「お金よりも大切にしていること

これは某コミュニティの課題図書のために読んた本です。
課題図書になる前に買ってたが、ようやく積読本から取り出して読んで見ました。

もっと早く読んでおけば良かったと思える、面白い本です。
最初はなんだか日本人の経済リテラシーやお金に対するスタンスを嘆く部分が多く、少々読み進めにくかったのですが、後半になって”要チェック”な付箋が増えました。

奥田裕美さんが、何かに迷ったら「カッコいいと思える方を選ぶ」と言っていたが、某IT企業経営者も同じことを言っていることが興味深いです。
自分もこれからの人生は、他人が「酔狂だ」と言う事でも、自分自身が「カッコいい」と思える事ならば、積極的に選択していこうと、あらためて思わされました。

「投資とは、いまこの瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しを頂く事」
「ユーザーに最高のものを届けることだけを考える」
など、投資家でなくても起業する自分にとっても、金言となる言葉が随所にあった本でした。

再読リストに入れたい本です。

広告