東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”で発酵食クラスを開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【9月 Kitchen Beeで開催の「発酵食クラス」「イベント」カレンダー】

 

茨城「究極のメロンパン」が東京でも買える:秋葉原

茨城を旅をした時に出会った「究極のメロンパン」

なんと東京でも買えることが分かりました。

広告

究極のメロンパンと

そもそも「究極のメロンパン」とは、茨城県水戸市の水戸駅構内で買える数量限定のパンです。

パン生地に、茨城県の特産品であるメロンの果汁が練り込まれているというメロンパン。

元来のメロンパンはメロンは入っておらず、メロン(正しくは「まくわうり」)に形が似ているという理由から「メロン」という名前が付けられただけのものです。

つまり、メロンパンに果肉も果汁も入っていません。

ところが水戸のメロンパンは、水を使うかわりにメロンの果汁と果肉を使っているという贅沢な一品。

まさに『究極のメロンパン』という名にふさわしいと言えます。

東京でも買える

究極のメロンパン。

水戸でしか買えないものと思っていました。

ところがなんと!この究極のメロンパンを発見!

場所は、JR秋葉原駅構内。

中央改札口の近くの「のもの」

「のもの」とは、主に東日本の”地域のこだわりのある食材や商品”を売っているショップ。

水戸で作られた後、冷凍されて東京まで運ばれているようです。

店頭で解凍されながら、手に取ってもらうのを待っている様子。

まとめ

まさか東京でお目にかかれるとは思っていませんでした。

菓子パンはそんなに好きなわけではありませんが、水戸に行って思わず手に取って、ブログに書いたことで何となく愛着がわいていたのです。

他のメロンパンだと、砂糖独特のキーン!という甘さが前面に出てしまっていますが、究極のメロンパンは味がやさしいのに美味しいという、珍しく気に入ったパンなのです。

もし、パン好きの方がいたら、ぜひおすすめしたいパン。

それも東京で買える!という嬉しいレポートでした。

さゆりっぷ 一押しのインスタントお味噌汁

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しのお味噌汁。 「化学調味料」「酵母エキス」「動物性」を使用していないインスタントお味噌汁。お湯を注ぐだけで出来上がる、忙しいあなたの味方です。

  • ブックマーク