高野山 一乗院 朝ごはん2日目:芯から温まる食事で体から目覚める

高野山へ行って来ました。
3日目の朝、最後の食事です。

広告

体の芯から温まる食事

低い雲からは、今にも振りだりそうなお天気となりました。
5月上旬と言えども、標高が800メートルあるため天気が曇り・雨となると気温がぐっと下がります。

そんな朝に、温まる食事を供されると心から温まります。

ご飯から時計回りで、
梅干しとお漬物
金時豆の甘煮
厚揚げの生姜煮
蓮根のきんぴら
切り干し大根煮
小松菜のおひたし
アオサと麩のお味噌汁

特筆したいのは切り干し大根煮。
関西の味付けだからでしょうか?それとも一乗院だからなのでしょうか?
薄味で軽く煮てあり、なんと上品なこと。
こんな切り干し大根煮を私も作ってみたいと思い、帰宅してから切り干し大根を買ってしまいました。

お味噌汁はやはり白味噌仕立て。
やさしい味がしますが、そこをアオサのお出汁がまとまりを作ってくれています。


▲おうどん

鍋物はなんとおうどん。
ご飯に粉物。ザ・関西!ですね。
炭水化物に炭水化物と言ってしまうと身もふたもないですが、このお鍋のおうどんが寒い朝をほっこりと温めてくれるのです。
おつゆは薄口なのでサラッと入ります。

まとめ

温まりました。
おうどんは手打ちっぽかったです。
人の手で丁寧に作られた朝ごはんは1日の元気をくれます。

ありがとうございます。
ごちそうさまでした。


スポンサーリンク