東京・浅草橋の”キッチンスタジオKitchen Bee”(オンラインもあります)にて、発酵食クラス&九星気学講座を開催しています。

詳細・お申込みはこちら

【千葉・勝浦】日帰りで楽しむ勝浦 スパ「edén(エデン)」をほぼ貸し切り状態の後、「割烹中むら」で海の幸を満喫する1日

泊りで行く旅は最高だが、東京から日帰りで行ける素晴らしい土地も多くある。

この日は南東の方角が吉方位ということもあり、千葉県勝浦市を日帰りで楽しんできた。

その旅の記録。

広告

日帰り温泉 スパ「edén(エデン)」

東京からカーシェアで、千葉県勝浦市に向かう。

勝浦は、私にとって「癒し」が結びつく場所だ。

もう閉店になってしまったけれど「テルムマラン・パシフィーク」という、海水を使ったタラソテラピーの施設があった。

会社員の頃、仕事に疲れ果てると「テルムマランパシフィーク」へ行き、海洋深層水のプールやジャグジー、浮き具を使って海水プールに浮かび、ヒーラーがゆっくりと動かしてくれるセラピー。

海藻を使ったパックやエステで、頭の先から爪先まで満遍なく癒してもらうのを楽しみにしていた。

今は宿泊施設の「ブルベリーヒル勝浦」のみ残っている。

そんなことから勝浦は私にとって癒しの地なのである。

去る、2022年7月30日、コロナ禍の最中に癒しの地 勝浦に「スパ edén(エデン)」が開業した。

いつか行きたいと思っていたのがやっとこの日叶ったのである。

公共交通機関ではJR勝浦駅まで行きそこからバスも出ているが、本数が少ないのと、ダイヤの都合で滞在時間が限られてしまうので、車で行くことをお勧めする。

1階がレストラン。2階以上がスパ施設

スパでは、水着着用が義務つけられていて、貸し出しもしているので、安心して手ぶらで行ける。

水着を着るので男女混浴となる。

更衣室で着替えを済ませ、最上階のスパエリア。

スパエリアの手前にシャワーがあり、水着のままそこで体の汚れをさっと落とす。

スパエリアに入ってすぐ目に飛び込んでくるのが、リラックスできるベンチ。

この日は風がとても強くて、いつもは外に出しているビーチベッドが畳まれて奥に積み上げられていた。

ベンチの向かいは室内温泉。

温泉の左横に缶がちょこんと置いてあるが、それは飲み放題の水と炭酸水があり、私が飲んでいる炭酸水だ。

この室内温泉がちょうど良い湯かげんになっている。

見えにくいが、コンクリートの通路の左側は、サウナに入った人用の冷水になっている。

平日の昼間。ほぼ貸し切り状態。
外の露店風呂に行ってみる。

ちなみに、ここのスパはスマートフォン持ち込み可。

SNS発信して知名度をあげて欲しい施策をとっている。

手前の半露天風呂は”ぬる湯” 外の露天風呂は”ちょうど良い温度”だが、この日は強風でどんどん湯の温度が下がっていく。
露天風呂の手前はデッキがあり、ここにビーチベッドを置いてのんびり景色を楽しむことができる。

露天風呂自体は、まるでインフィニティプール(海との境界線がわからない繋がっている様)のよう

露天風呂からの景色。絶景。
勝浦海中展望台が近くにある。観光を兼ねてくるのもよし。夕日が落ちていく様子が美しい。
陽が沈み、月が見えてくる。
プール側からスパを眺めてみる。露天風呂が波立っていて、この日の風の強さがうかがえる。

ガラスの中はサウナ。

サウナに入りながら絶景を眺められる。

感想

絶景。

とてもおしゃれで”非日常”感を味わえて、日頃の忙しさや疲れを忘れらえるのが良い。

”スパ”の定義がよく分からないが、体を洗う洗い場は無い。

個室シャワーがあり、シャンプー・トリートメント・ボディソープは完備なので、立ったままシャワーを浴び体を洗うようになっている。

それがちょっと落ち着かない感じだったのが少々残念。

タオル・バスタオル・水着は貸し出しがあり、私のようなおデブでも着られる水着なので、サイズの心配はあまりない。

1階にレストランがあり、ここもまた素晴らしい海岸を眺めながら食事ができるが、残念ながらこの日はパーティ利用で、全貸切となっていた。

ここで結婚式のパーティなどやったら、新郎新婦の美しさが一層華やぐだろうなと思う。

勝浦「割烹中むら」で海の幸を存分に味わう

割烹 中むらの入り口

さて、eden(エデン)で食事を食べ損なったので、どこか美味しいお店を探そうと、Google先生と相談した結果、勝浦市内にある「割烹 中むら」に立ち寄ることにした。

たくさんは停められないが、駐車場完備である。

カウンター席に案内され、目の前で板前さんがお料理を作るところが見られる。
中むらの自慢料理の一つ「鯖の灰干焼き」これがジューシーで美味しい!大ぶりの身なので結構お腹がいっぱいになる。
私の好物「茶碗蒸し」
勝浦名物「金目煮魚」これは超ボリュームがあるので、誰かとシェアする方が良い。柔らかく甘く煮つけてあった。
お刺身(一人前)

このほかに写真には撮っていないが、ご飯とお味噌汁と水菓子があった。

お腹パンパンである。

感想

ここは大正解!

お値段的にはちょっと気張ってしまうが、お魚の美味しさと、身の太さからすると、損はない。

予約なしで行ったが、人気店らしく平日なのに、次々と予約客が来て、カウンターは満席になった。

(他にテーブル席はある)

カウンターに座った人の話しに耳を傾けてみると、近くのホテルに泊まって、夜は「中むら」で勝浦のお魚を楽しんでいる様だった。

また、リピーターさんが多い感じで店の大将と「○月の△△の刺身が最高だった」などの会話が飛び交っていた。

そりゃそうですよね、リピートしたくなりますよね。

美しい夜空に見送られながら「海ほたる」経由で帰宅

勝浦の海と夜空
良い1日に感謝
東京スカイツリーが出迎えてくれる。

感想

千葉県の勝浦の海はダイナミックで昔から好きだったが、スパ「エデン eden」が出来てから、さらに行きたくなるところになった。

景色良し、魚よし。

東京から日帰りで行ける手軽さも良い。

だが、勝浦は温泉旅館もあるので、いつか日帰りではなく泊まりがけで行って、帰りの心配をせず、新鮮な魚をアテにお酒も楽しんでみたいものだ。

良い時間をありがとう。

【さゆりTHERAPY】

心理セラピー・カウンセリングを行っております。
詳しくはこちら

講座開催 予定

東京・浅草橋 & オンラインzoom にて、発酵食講座・九星気学講座を開催中

last update : 2024-07-22 05:06:21
  • ブックマーク