水に濡れても大丈夫なノートとペンの最強タッグ Waterproof Note 「オキナ プロジェクト耐水ノート」と「三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンク:お風呂に常備!アイデアが浮かんだらすぐにメモ

突然!
アイデアの神様が降りて来たらどうしますか???

広告

お風呂場に常備しているノートとペン

頭を捻っている時に限って新しいアイデアや、これ!という突破口が閃いたりはしません。

私の場合は、たいていお風呂の湯船に浸かってリラックスしている時か、ジョギングやウォーキングなどの体を動かしているときに”おお!”というアイデアが閃いたりします。
ジョギングやウォーキングをしている時は、iPhoneの音声入力を使って、とりあえずメモ帳に記録しておきます。

ですが、お風呂に入っている時はiPhoneや電子機器を水没させてしまうと故障するため、お風呂場に持ち込むことができません。
そこで、お風呂場に常備しているのが、オキナ プロジェクト耐水ノート

それと、三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンク


このペンとノートが最強なコンビなのです。

良い点、気を付ける点

良い点

いつもお風呂場に常備していて、アイデアが浮かんだらすかさずメモしています。
紙質がポリプロピレンをベースにした合成紙を使っていますので、水に強い上に皺になったり破けたりしません。

今朝も朝風呂に入りながら、
浮かんだアイデアと、取りこぼしていたタスクを書き留めています。

これに非常に相性の良いペンが、三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンクです。
水に濡れても良いシャーペンも試してみましたが、シャーペンの場合は消しゴムも欲しくなることと、
そもそもシャーペン+消しゴムの2つものアイテムは、お風呂場には不要だということです。
消したりするより、ボールペンで二重線を引いた方が、お風呂では便利です。

三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンクは、0.7ミリと0.5ミリとがありますが、
0.7ミリの太さが、紙より滑りやすいポリプロピレンをベースにした合成紙にはインクの定着が良いです。

このコンビでお風呂場でも、
山登り・スキューバダイビング・川遊びなどアウトドアでも活躍してくれます。
また、キッチンなどの水を多用するところでも使いやすいです。

気を付ける点

ノートの方では、ページが水に濡れてしまった時、内容には全く支障は無いのですが、
ページとページが密着してしまって、ページめくりがしにくくなります。
ついつい、ページを飛ばして書いてしまったりしますので、慎重にページをめくってください。

ペンの方は、ペン先に少しインクがたまりやすいです。
写真右側のページを見てください。
左側のページに書いたときに、インクがほんの少しペン先に溜まっていた場合、ページを閉じた後に逆側のページについてしまいます。

取り急ぎ忘れないようにメモだけしたい という時は、汚れなど気にしている場合では無いので、良いかと思います。

オキナ プロジェクト耐水ノート
三菱鉛筆 油性ボールペン パワータンク
とのコンビで、ぜひアイデアの神様を上手にキャッチしてみてください。





広告