穴八幡 一陽来復 2018年冬至:今年の日程

2018年の冬至が近づいてきました。

2018年の冬至は12月22日。
土曜日となるので、会社勤めの人も穴八幡へ詣でやすいタイミングとなり、例年以上の混雑が予想されます。
日中昼間だと、2~3時間待ちは覚悟しなくてはならないため、早朝に行くことをお勧めします。

準備しておいたほうが良い物などは去年の経験を参考に。

お札の頂き方、頂いた後の貼り方なども去年を参考にしたいものです。

ポイントだけ下記にまとめました。

広告

ポイント

領布期間

冬至の領布:12月22日 5:00~21:00
年内の領布:12月23日~12月31日 8:00~19:00
2019年の領布:1月1日~2月3日 9:00~17:00

授かりに行くときに必ず持っていく物

古いお札
もし忘れてしまった場合は、近所の神社へお返しする

恵方

75°(東北東)

恵方を向くように
255°(西南西)から75°に向かって貼る。

貼る日

12月22日(冬至)の24:00 
※冬至の日に授かってその夜貼るのが一番早い
12月31日(大晦日)の24:00
2月3日(節分)の24:00

注意

一度貼った後、落ちてしまった場合は、そのお札は無効となるため再度授かりにいくことになる。

来年も福が沢山来ますように!!!

2017年の冬至(平日)の様子はこちら

2018年の冬至(土曜)の様子はこちら

ショートカットコースの様子はこちら

平日昼間の穴八幡宮一陽来復守りの混雑状況はこちら

さゆりっぷ 一押し 発酵がわかる一冊

伝統発酵醸師 さゆりっぷ 一押しの発酵がわかる一冊。 発酵の歴史が理解でき、自分の手で発酵料理ができる。

  • ブックマーク

スポンサーリンク