Amazon輸出の勉強を始めました。まずはレクチャーを受けました。

会社員を辞めてから、自分の力だけで生きて行かなくてはいけなくなりました。
望んで飛び込んだので、後悔はしておりません。
しかし、世の中そう甘くは無いという事を身をもって思い知らされています。
何か一つでも自分が生きて行く糧になればと思い、やれることややれそうなことにチャレンジしています。

1つのコンテンツで20万円を稼ごうと思っても、1つのコンテンツがそこまで成長するには時間がかかります。また、時間がかかったからといってそこまでのインカムが発生するとは限りません。
そこで、2万円稼げるコンテンツが10個あれば20万円になります。その10個のコンテンツの一つとしてAmazon輸出の勉強を始めてみました。

今まで、Amazonマーケットプレイスでコツコツ出品していて、一カ月トータルでそこそこおこずかい程度になってきています。
しかし、マーケットプレイスだけでは、シェアが日本国内に限られてしまいます。
コストが発生する部分も、仕入れ部分以外はこれ以上コストカットできるところがあるのか?と調べてみても、もうギリギリまでカットしており工夫の余地がもう無くなって来ているのです。
マーケットプレイスでの収入は頭打ちか頑張っても現状維持かもしれないという理由もあります。
仕入れを増やして、出品数も増やせば良いのかもしれませんが、有在庫を増やすのはリスクが高くなるだけです。
Amazon輸出は、納品までの期間が長くて良いところから、無在庫で出品が出来るというリスク軽減ができます。
市場の拡大・コストカットの余地がまだ残されている・無在庫出品でのリスク軽減 この3点からAmazon輸出に興味を持ちました。

幸い、とあるコミュニティでAmazon輸出について詳しいというかエキスパートな人がいて、その人からレクチャーを受けることにしました。
その人のブログはまた、後日紹介します。

と言う事で、コツコツと勉強スタートです。

広告