03.読書

Category
「あきない世傳 金と銀 貫流編」高田郁著: 苦難を乗り越えて・・待望の新刊
出ました。 高田郁、待望の新刊です。 「あきない世傳 金と銀」は、時代小説文庫ハルキ文庫の書き下ろし作品のため、作者が一冊分のストーリーを書き終えないと読めません。 前回の奔流編が2017年2月14日に出ているので、約半年ぶりです。 四巻目に当たる「貫流編」待ちに待っていました。 一巻目「源流編」の記事はこちら 「あき...
「弥栄の烏」(いやさかのカラス)阿部智里著:八咫烏シリーズ最終巻 烏と猿、そして神との最終決戦
阿部智里の八咫烏シリーズ。 最終巻が2017/7/20にやっと発売されました。 これが六巻目となります。 『烏に単は似合わない』阿部智里著:久々に夢中になって読んだ小説。ハマると寝不足でも止まらない 『烏は主を選ばない』阿部智里著:八咫烏シリーズ第2巻目。 『黄金の烏』阿部智里著:八咫烏シリーズ第3巻目。 『空棺の烏』...
「午前3時の無法地帯」むねようこ著:今なら無料で読める、働く女性のラブストーリー
今週読んだ本 2017/7/15〜2017/7/21 タダで読める漫画アプリ 暑いですね。 梅雨明け前から真夏の様な東京でしたが、気象庁が後追いの様に慌てて梅雨明け宣言をした途端、ギアをシフトアップした様に、暑さがさらに加速したようです。 暑くて活字を追うのが面倒になり、漫画をダラダラと呼んでいます。 ブルゾンちえみの...
「オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑」中井信之著:いくつになってもモテしぐさは大切
このところ、読書と言えば漫画ばっかり読んでました。←これモテ無い女 このところの暑さでついダラダラグダグダ←これモテ無い女 これじゃイカン!残り僅かな女子度が枯渇すると一年発起←これモテ女 そこで手に取ったのが「オトナ女子のためのモテしぐさ図鑑」中井信之著←これモテ女 “あるある”だらけで猛省し...
「誰にでもすぐにできる100円ちゃりんちゃりん投資」石川貴康著:大金が用意出来なくても小銭で小銭が稼げる本
今週読んだ本 2017/6/4〜2017/6/10 ファット財布上等! なかなかに面白い本です。 今週読んだ本からして、私の中では「お金」や「投資」についてが旬の様です。 それに並行して「断捨離」もやっています。 断捨離本の中では”お財布の中のショップカードはどんどん捨てて、スッキリさせましょう”...
「がんで余命ゼロと言われた私の 死なない食事」神尾 哲男著:毎日の食事の大切さをひとつひとつ知る事ができる本
今週読んだ本 2017/5/28~2017/6/3 もし病気では無いけれど、体調がいまひとつの人はすぐに読む本 「未病」という言葉があります。 病院で病名が付けられるほどの症状では無いけれど、体がだるい・ふんばりが効かない・なんとなくすぐれないという人は、すぐに読みましょう。 それほど、自分の体を管理するために大切なメ...
「二人の巨匠」:惣領冬実著 ルネッサンス期の二大巨匠に触れる本
今週読んだ本 2017/5/14~2017/5/20 4月の末から5月15日までずっと本の断捨離をしていました。 本の断捨離とは、ただ本を整理して片付けるだけでは無いのだと気づいた3週間でした。 ”こんまり流 片付け”の近藤麻理恵さんが言うには「自分が”トキメク”本は残し、そうでないものは処分する」ということです。 た...
「自営業の老後」上田惣子著:自営業は自分で老後を守ろう!
自営業こそ「自分の身は自分で守ろう! 今週読んだ本 2017/5/14~2017/5/20 自営業の方、老後のことを考えていますか? 全くもって、この手の本が好きですね、私。ふふふ。 2年前に会社を退職しまして、自営業となりました。 税務署にも開業届を出して、自分なりの仕事をしています。 私は、自分の未来がますます自由...
「あきのズボラ家計簿」あき著:すでに家計簿を付けている私にも参考になった家計本
今週読んだ本 2017/5/7~2017/5/13 “家計簿本”が好きです。 家計簿に関しては、日々改善の繰り返しです。 まだ、コレというドンピシャなところまで行き着いていません。 今回は「あきのズボラ家計簿」を読んでみました。 「づんの家計簿」が、事細かにノートに記録するタイプですが、残念なが...
「花散らしの雨 みおつくし 料理帖」高田郁著:再読 シリーズ第二弾 いろんなドラマが縦糸・横糸として交差するストーリー
今週読んだ本 2017/2/26~2017/3/4 みおつくし 料理帖シリーズの二巻目 主人公の再起 どうにもこうにも、かっぱえびせんの様に「やめられない!止まらない」 高田郁の「みおつくし 料理帖シリーズ」の虜になっています。 いやこれ再読ですよ。それでも面白いんです。 小説の中には、一度味わったら「面白いけれど、も...